公立の塾が登場 青森
河北新報ニュース 青森・東通に初の学習塾 高校進学、村が助太刀

c0026624_23312272.jpg無医村ならぬ、無塾村とでもいうのだろうか。これまで学習塾が全く無かった青森県東通村(人口約8千人)に、村営の学習塾が登場した。村は下北半島の北東にあり、馬牧場や猿の出そうな林が多く見られる地域である。中学を卒業すると、その多くが隣のむつ市内の高校に通うという東通村は学力ランクが低く、学習塾が近くにないことも「進学に不利」だ、という意見に繋がっていた。

そんな中で登場した塾は、初回から50人の参加者を迎えており、期待は大きいようだ。親の期待に応えるというだけでなく、実際に子供達にも良い刺激を与えているらしい。授業を受けた子供からは、「学校より分かりやすそう」との感想も聞かれた。
c0026624_0205146.jpg
初回の10月29日、教室となる村体育館の会議室には、村内三つの中学の3年生計88人のうち、県立高入学を目指す50人が集まった。教えるのは、むつ市内にある学習塾の講師2人。生徒全員に「分からないことは、そのままにしないで」と呼び掛けた。

 授業は毎週土曜日の午後1―5時、英語と数学を2時間ずつ行う。受講料は、2教科で初回5800円だが、大半が参考書代。その後は、教材代の月額500円だけで受講できる。講師への謝礼は村の負担だ。

東通村では教育に力を入れており、その一環として始まった村立塾だが、田舎らしい工夫だと感心する。

同様の取り組みをしているところでは、県立の予備校(専攻科という名称である)をもつ鳥取県がある。
しかし、こちらは私学の予備校の営業妨害だとして、現在は廃止を検討中だ。その点、村立塾は民間の塾が存在しない東通村ならではの取り組みと言えそうである。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-14 23:24 | ニュース
鳥インフルエンザにザワークラウト
Ananova - Sauerkraut 'cures' bird flu

ザワークラウトとソーセージザワークラウト(塩漬けのキャベツ、ドイツ料理で有名)が鳥インフルエンザ治療に役立つかもしれない。

ソウルの科学者は、ドイツのキャベツには鳥インフルエンザと戦うバクテリアが含まれていると考えている。

研究者は、鳥インフルエンザにかかった鶏に発酵させたキャベツを食べさせたところ、13羽のうち11羽が1週間以内に回復の兆しを見せた。

サン紙によると、カン・サオク教授は「この食事が鳥インフルエンザや他のウイルスに抗する助けとなる」と語った。

一言:発酵させたキャベツじゃなくて、発酵させた白菜の研究でもしていたのでは・・・?
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-14 23:02 | ニュース
暖房効き過ぎ、水着で授業 ドイツ
Ananova - School allows beachwear in hot classrooms

暖房が最大出力のままになってしまったドイツの学校で、子供達は水着になって授業を受けることが認められた。

教室の窓を全開にしても、焼けるような放熱パイプのため、教室は摂氏30度といううだるような暑さになった。
そのため、暖房が直るまで(ビキニや海水パンツを含めた)水着を着ても構わない、と職員がクラスの子供達に伝えた。

リンデンにあるアンネ・フランク小学校では、ごく最近、デジタル暖房施設を導入したが、これまでのところ専門家も故障原因を特定できずにいる。

ブルーノ・クラフト校長はこう語った。「こんな問題が起きたのは、この新しい完全デジタル暖房システムを設置してからです。」

一言:この新暖房システム、すごく暖かそうではあります。夏休み中の光景と見紛いそうだが、そうではない。熱帯のような教室内の温度のためである。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-13 11:21 | 街角
日本人のセックス回数は最少
durex

c0026624_13293.jpgコンドーム・メーカーのデューレックスが毎年行っている、各国のセックス調査結果が今年も発表された。

日本人についての特筆すべき事項として、年間セックス回数が他国と比べて大幅に少ないということが言える。昨年もそうであったのだが、今年の調査では更に平均1回減少していた。

ちなみに、世界平均は年103回、最多なのはギリシャの年138回である。次点のシンガポールですら年73回であることをみれば、日本の年45回というのが如何に突出して少ないか、分かるだろう。幸福度も最低クラスだが、両者は連動していると見て良さそうだ。

かつて国内のコウノトリが絶滅した日本である。ヒトも少子化が進むのもやむを得ないのか。

コウノトリの絶滅は、農薬使用や松の伐採など、産業効率を追求した結果の環境破壊が原因だった。そして今、産業効率の追求は会社員の労働強化を加速させ、あるいは若年労働者の身分・収入を不安定にさせている。家庭生活の充実を図ることが難しい時代だ。
自由競争にも限界があるべきということが、もっと議論されるようになることを希望する。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-13 01:02 | ニュース
カラスバーガーを出すレストラン ノルウェー
Aftenposten Norway, Norwegian news in English

オスロ郊外のにあるレストランが、新しい客を呼び寄せるため、メニュー刷新に踏み切った。

マネージャーのロルフ・ビヤルン・サンドは新しくカラスおよびカモメを追加したことが客に大人気となるかどうか、確信がもてないでいる。しかし、客がこの珍しい食材を試してみたいと思ってくれることを希望していると、トンズベルク・ブラッド紙が伝えた。

「カラスがきれいな鳥でない、という感覚については何とかしないといけません」とサンドは認めました。「ですが、これは信じられないほど美味しいんですよ。ほんのちょっとした勇気を持てば、チキンのような味を楽しめます」と、サンドは新聞社に対して語った。

レストランでは既に「一味違ったクリスマス向け軽食」の広告を出しており、シェフは様々なソースで味付けしたカラスとカモメ両方を用意した。一般の鳥を捕獲することが合法であることは大分前にサンドが確認した。
c0026624_10524071.jpg
サンドは他にも、島への宿泊客および旅行客による収入を十分なまでに増やすことを目的とした計画を持っている。マス釣り、スケートリンクとロック・クライミング用壁の設置、そして幾つかのアトラクションである。

一言:美味しいことが証明されれば、日本各地のカラス問題も解消!?
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-12 20:46 | 街角
東証システム障害は富士通の指示ミスが主因
Excite エキサイト : 富士通の指示書に記載漏れ 東証の点検態勢にも不備

11月1日の午前中に起きた東京証券取引所のシステム障害は、10月にシステム増強を受け持った富士通の指示書記載漏れが原因だと発表された。
それを見逃した東証側には確認不足という瑕疵があり、また、障害発生そのものに関してはシステムを運用している東証側に一義的責任がある。ただ、富士通側は既に損害賠償に応じる姿勢を見せている他、「世間の目」からみれば「富士通のシステムがダウンした」という認識が一般的であるため、今回の実質的責任は富士通が全面的に負ったと言えるだろう。

富士通の場合、「一円入札」が世間を騒がせた20年前頃から、入札のためならなりふり構わないその姿勢が問題を引き起こしてきた経緯があり、過去を知る人は「また富士通か」と言って憚らない。

システム開発においては、幾つかの失敗は他のプロジェクトの成功で補うという傾向がしばしば見られるため、富士通の場合もこうした傾向が顕著に表れただけだという見方ができるかもしれない。システム開発におけるこうした傾向の背景には、顧客側のシステム開発に対する無理解があるためとも言われるが、こうしたことを毎度毎度繰り返していて良いのだろうかと思った人も居ただろう。今回の場合も、その影響は東証への不信感に留まらず、東証へ上場している各企業ひいては市場そのものへの信頼性を低下をさせた訳で、高度な資本主義を標榜する国家としては大きな汚点となった。
東証経営陣が自らにペナルティーを課すだけで済むと言えるかどうかは、今後の再発防止策が有効かどうか、その一点に掛かってくるだろう。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-08 22:16 | ニュース
コペルニクスの遺骨発見か ポーランド
Excite エキサイト : 芸能ニュース

Mikołaj Kopernikカソリックの権威がヨーロッパに行き渡っていた中世において、初めて地動説を唱えた天文学者コペルニクスの遺骨らしきものが今年の夏に発見された。同国の考古学者ガッソウスキ教授らのグループにより、コペルニクスゆかりの地、ポーランド北部フロムボルクの大聖堂地下から発見された遺骨に見られる身体的特徴を警察の科学捜査研究所の協力も得て解析。教授は、「コペルニクスの遺骨であるという自信は97%あるが、最終確認にはDNA鑑定が必要」と語っている。

コペルニクスは天動説を純粋に数学的仮説として発表することが出来た。また、ポーランドが法王庁から遠かったせいもあるのかも知れないが、ガリレオと違って宗教裁判にもかけられることもなく、その点では比較的幸運だったと言えるかもしれない。

彼の遺骨に意義を見いだすことは考古学者に任せたいが、今日でも「コペルニクス的転回」というカントの表現は発想などの大転換を表す言葉として使われる。それほど当時において重要な発見であったのみならず、歴史的観点から振り返ってみても今日の自然科学の発展の端緒となった意義は大きい。
コペルニクスの名を聞いて、科学とは何であるかをもう一度振り返ってみたいと思った。

参考:Wikipedia:コペルニクス
参考:ポーランド留学日記
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-07 00:36 | ニュース
7歳の大学生が誕生 韓国
韓国で7歳児が大学合格、国あげてバックアップの方針 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

韓国で7歳の男の子が大学(に合格したそうだ。言うまでもなく韓国史上最年少の大学生の誕生だ。
c0026624_23571043.jpg現代物理学の範疇の、量子力学でも用いられるシュレーディンガーの波動方程式を理解しているという。
前代未聞の出来事に、大学側も受け入れプログラムを用意したり、政府も来春から発効する「科学神童」の第一号としてこの少年・宋幽根(ソン・ユグン)君を認定する予定だそうである。

この記事には、韓国のノーベル物理学賞が未だ居ないこと、グローバル化の進む韓国社会も格差社会になっていること、天才少年の育った環境等々、興味深いことが様々に触れられ紹介されている。韓国国民の夢はさておき、我々日本人にも興味を引くのは少年の育成環境ではなかろうか。

少年の親は共働きだったため、祖父母が少年の面倒を見ていた。が、蟻の巣観察を少年の気の済むままにやらせるなど、観察意欲や自主性は大事にしたとのこと。
驚異的な頭脳に気付いたのは、幽根君が6歳の時。友だちとの遊びが苦手で幼稚園に通わせていなかった幽根君に、小学校の教科書を与えると短時間で理解、掛け算九九もそらんじた。

 びっくりした父親の洙珍さん(46)は「教育に専念する」ため仕事を辞めた。洙珍さんの教育方針は自分で考えさせること。「山って何?」と聞かれると、実際に山に連れて行った。

 毎日のように遊園地に通い、乗り物に乗せながら力学の仕組みを教えた。抽象概念と具体的イメージの連関がついてくると学習意欲はさらに高まった。

 幽根君は次第に自ら教材を読むようになり、方程式、関数、微分積分など次々と覚えていった。小学校では特例として飛び級が認められ、今春に卒業。5月に高校検定もパスした。

こうした経緯を読むと、適切な時期に適切な情報を与えれば、子供はどんどん知識を吸収できるものなのだということを再認識させられる。
いい年になった私自身の記憶でも、次のようなことは覚えている。すなわち、子供の質問にいい加減に答える大人や、はぐらかしたりする大人にばかり囲まれていると、子供自身が(学ぶことを)諦めてしまいがちだと言うことだ。時に大人は身勝手に子供の学習意欲を押さえつけるものである。十年後、「なんでうちの子はこんな出来なんだ?」とぼやく頃には、自分に似たのだろうと納得するしかなくなるのである。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-11-05 23:41 | 街角
CIA工作員身元漏洩に副大統領関与の疑い アメリカ
CNN.co.jp : CIA工作員名、情報元は副大統領と 米紙報道

24日付のニューヨーク・タイムズ紙によると、違法にCIA工作員名が暴露された事件の情報漏洩元はチェイニー副大統領だったとして、している。

米メディアでは03年7月、対イラク開戦を批判したウィルソン元米大使の妻、バレリー・プレームさんがCIAの工作員であることが報道された。記事を執筆した記者らは、カール・ローブ大統領次席補佐官とリビー氏が情報源だったと認めている。

工作員の身元を漏洩し危険にさらすことは、アメリカの法律に違反する。イラク開戦反対派だった大使への報復として、CIA工作員だった大使の妻の情報を誰が漏らしたのかについて、ブッシュ大統領の選挙参謀だったカール・ローブ大統領上級顧問らの関与が濃厚だ。
ブッシュ大統領の発言などからも彼の関与自体は否定されておらず、これだけでもブッシュ政権へのダメージは大きいと見られていた。

しかし、副大統領が関与していればダメージは更に大きくなる。状況から見れば、副大統領の関与はいかにもありそうなことだ。ネオコンの立場、漏洩疑惑のあるリビー副大統領補佐官の上司である点を見るだけで、動機と状況証拠は十分だろう。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-10-26 01:53 | ニュース
宿題に手榴弾を持参した小学生 ポーランド
Ananova - Boy brought grenade to show and tell

ポーランドの小学校の発表会に、9歳の少年が使用可能な手榴弾を持参し、全校が避難する騒ぎとなった。

児童等は、何か面白いものを教室に持ってきて、クラスメイトに見せるようにと言われていた。

トーゼブニクに住む9歳のピオトル・エルンストは、父親の持つ第二次世界大戦記念コレクションの中の手榴弾がいい、と思った。

後で警察に聞かれた際、少年の父親フリディリクは、家の近くの森にて金属探知機を使って見つけた第二次大戦の遺物の近くで掘り出したものだと語った。

一言:子供がいると隠しきれないものってあります。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-10-24 01:49 | 街角
Top