NHK「政治介入」で変更指示…プロデューサーが会見
この問題について、これまでの関係者の発言と影響が書かれていたので、記録目的で読売オンラインの内容を書き記すことにする。
YOMIURI ON-LINE / 社会

 NHK番組制作局のプロデューサーが13日、東京都内で会見し、戦争報道番組で「政治介入」を受けたほか、別の番組についても「政治家に批判されたため再放送が中止になった」と述べた。

 これに対し、NHKや、指摘を受けた政治家はそれぞれ、「政治的圧力はない」と真っ向から否定した。不祥事に揺れ続けるNHK。「公平・公正」と「不偏不党」を掲げる公共放送のあり方を問う告発だけに、真相の早期解明が求められている。

 ◆安倍、中川氏は反論◆

 「私もサラリーマン。家族を路頭に迷わすわけにはいかないと4年間非常に悩んだが……」。13日、都内のホテルで会見したNHKの長井暁チーフ・プロデューサー(42)は涙をぬぐいながら語った。

 問題となっているのは、2001年1月に放映された「戦争をどう裁くか」シリーズ2回目の「問われる戦時性暴力」。

 会見によると、番組放映前日の1月29日、番組制作局長から、「この時期に政治とは闘えない」と切り出され、番組内容を変更するよう指示された。理由は明かされなかったが、自民党総務部会で、NHKの新年度予算の説明を控えていたことから「政治の介入」と直感したという。VTRは翌日夕方にかけてカットされ、通常44分の番組は40分で放映された。

 放送法では、「放送番組編集の自由」として、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、または規律されることがない、と規定している。

 長井プロデューサーは昨年12月9日、NHKが不祥事を受けて同年9月に設置した「コンプライアンス推進委員会」に内部告発した。委員会からは8日後に「調査する」との回答があったが、関係者への聞き取り調査も行われないため、会見に踏み切ったという。

 長井プロデューサーはさらに、2001年9月に担当したBSE(牛海綿状脳症)を巡るNHKスペシャルの番組についても、「反響が大きく再放送も決まっていたのに、自民党農林部会で批判が出たという理由で再放送が中止になった」と語った。

 一方、番組改変に介入したと指摘された中川昭一衆院議員、安倍晋三官房副長官(当時)のうち、安倍氏は13日、記者団に「事実と全く違う」と反論した。安倍氏は、放送前日にNHK側から番組の説明を受けたことを認めたうえで、「公平公正な報道を行ってもらいたい、と述べたのが真実。それ以前に私が圧力をかけたり、接触したりということは全くない。私が呼びつけたという事実もない」と主張した。

 フランス訪問中の中川氏は13日、パリで会見し、「NHK関係者と会ったのは番組放送後の2月2日で、事業計画の説明のためだった。政治的圧力はかけていない。ひぼう中傷で名誉を棄損された」と述べた。

 ◆NHK「圧力で変更ない」◆

 NHK広報局は13日夜、関根昭義・放送総局長の「見解」とするコメントを発表。安倍、中川両氏から「政治的圧力を受けて番組の内容が変更された事実はない」と、長井プロデューサーの主張を全面否定した。

 その中では、中川氏について、「NHK幹部が面会したのは放送3日後の2月2日が最初で、放送前に面会したことはない」と指摘。一方、安倍氏には「予算の説明を行う際に番組の趣旨などを説明した」と面談の事実を認めた上で、「その段階で編集作業は最終段階に入っており、多角的な意見を反映させるために追加インタビューも終わっていた。(安倍氏との)面会によって内容を変更したという事実はない」と説明している。

 さらに、当時のNHK内部の状況に触れ、「追加インタビューは、安倍氏に面会する数日前から進めていた」「内容や構成に手を加えながら、放送直前まで検討を続けることは通常の『編集』であり、『改変』ではない」「放送総局長や番組制作局長が、現場の責任者に意見を述べるのは、むしろ当然のこと」などとしている。

 ◆「問われる戦時性暴力」=2000年12月に東京で開催された「女性国際戦犯法廷」などを取材し、従軍慰安婦など戦時性暴力の責任問題を取り上げた。番組を巡っては、同法廷を開催した民間団体などが、「事前の説明とは異なる番組を放送され、信頼を裏切られた」として、NHKと制作会社2社に賠償を求めて提訴。東京地裁は昨年3月、制作会社1社に100万円の賠償を命じたが、NHKについては「編集の自由の範囲内」として責任を認めなかった。原告側によると、控訴審では東京高裁が17日の口頭弁論で結審する意向を示していたが、今回の問題が発覚したため、審理が継続される見通しとなった。

(2005/1/14/01:07 読売新聞 無断転載禁止)

[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 09:57 | ニュース
妻を捜して高校へ乱入か?
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件

千葉県大網白里町の県立白里高校で12日、侵入した男に事務職員の女性(38)が刃物で切られ重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された千葉市緑区に住む無職の男(26)の元妻が、同校の卒業生であることが、県警東金署の調べで分かった。
 県警によると、男は同校の事務室受付で、職員に「卒業生名簿を見せてくれ」と要求し、断られたため逆上した。特定の氏名や卒業年度は言わなかったが、元妻の行方を求めて学校を訪ねた可能性があるとみて調べている。【森禎行、柳澤一男】


一言:そんなだから、妻にも逃げられるのだろう。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 22:48 | ニュース
現実との区別がつかなくなるゲーム
ゲームに熱中しすぎて現実との区別が曖昧に | Excite エキサイト : ニュース


ゲームが子供の専売特許から大人へと市民権を広げる中、例え大人でもゲームに熱中すれば現実との区別が曖昧になっていくということへの警鐘(?)をならす記事を見た。
例に取り上げられていたのは、『塊魂』(カタマリダマシイ)というPS2ゲームだ。

プレイしているゲームと現実とを切り離すのが難しいと人々が感じるのは当然のことだという。
 「ゲームの基本は動作――つまり自分が何かをすることにある。ゲームをしている間、プレイヤーは動作に意識を集中させる。優れたゲームは、動作に意識を集中することでプレイヤーが心から満足感を得られるように作ってある……。ゲームの世界にいるとき、人は何かの動作を実行したり、学んだり、練習したり、新しく組み合わせたりする。それを長時間やっていると、しばらく余韻が残る。ときには深く身に染みついてしまうことも……。


ごもっともだが、こうした論評はゲームのしすぎへの警鐘となるだろうか。
というのは、私はこの記事を読んで、返って興味を喚起されたからだ。
ただし、子供へは買い与えない方が良さそうだ、とも思ったが。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 21:37 | 街角
給油忘れで列車立ち往生、雪の中乗客缶詰めに・岩手
NIKKEI NET:社会 ニュース

13日午前11時ごろ、岩手県湯田町のJR北上線ゆだ高原―ほっとゆだ間で、横手発北上行き普通列車(1両編成)が突然停車し、自力走行できなくなった。列車はディーゼルカーで、給油忘れによる燃料切れが原因だった。


列車もガス欠になるとは・・・。原理的にはなるだろうが、やはり珍事だ。
2時間半も寒い列車に閉じこめられた乗客は、復旧後、黙って帰ったのだろうか。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 20:49 | ニュース
稲作農家は将来に悲観的
河北新報ニュース 農家、米価の将来に不安 南東北3県でアンケート

農林漁業金融公庫(農林公庫)仙台支店による、稲作農家へのアンケート調査結果が公表された。
簡単にまとめると、このようなことらしい。
・昨年の稲作収入は、下がった農家が7割強。
・今後3年間の予想価格は、対2003年度比で7割程度。
・現在の価格帯で稲作を継続可能な農家は、1割程度。

意欲的に規模拡大を図ろうとする農家が半数いるが、価格が下がり続ければ投資が裏目に出るかも知れない。
自分で販路を広げる術を持たない農家にとっては、非常に厳しい状況といえよう。
ちなみに、希望額とも言うべき「最低限の米価」は、現在の米価よりも1俵あたり3000円程度高い結果が出た。↓
最低限の米価を県別でみるとグラフの通り。山形は1万4000―6000円がほぼ半数に達した。1万6000円以上の高価格帯の割合は山形が3割、宮城が4割、山間部での高付加価値米づくりなどが多い福島では5割を超えた。


[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 20:18 | ニュース
英ハリー王子、ナチスの腕章姿でパーティーに登場
イギリスの王室ネタです。東洋の島国と比べると、彼の国は王室のスキャンダル報道が実にお好きなようです。

ロンドン(CNN) 英王室のハリー王子(20)がナチスの腕章をつけてパーティーに出席していたことがわかった。13日付の英大衆紙サンが1面で報じる。同王子は12日、クラレンス・ハウスのプレス担当を通して「間違った選択だった。不快感を感じた人がいたら大変申し訳ない」との謝罪声明を発表した。


20歳にもなって、ヨーロッパでナチの腕章を着けるセンスは確かに感心出来ることではない。
だが、王位継承順位3位といえば、トップから離れている方だと思う。この辺の受け止め方は個人差が有ろうが・・・。
パーティーでの出来事といい、王子が政治的意図を持っていなかったことを明らかにしてすぐ謝罪したことを考えると、これを1面扱いするサン紙が大衆紙に過ぎないことが理由かと思われる。

ちなみに、このパーティーのテーマが「colonial and native」(植民地的&現地的)。
兄のウィリアム王子のコスチュームはライオン。(苦笑)
パーティー自体が問題にならないのに、この記事が出るっていうのは、東洋の島国に住む我々には判断が難しい一線を越えてしまったということのようで・・・。

参考:BBCニュース
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 17:58 | ニュース
公共放送の意義
Excite エキサイト : 政治ニュース

NHK番組に自民党議員が圧力」の続報である。

NHKの姿勢をBBSと対比させた田中弁護士のコメントに有るような印象を、多くの国民に与えたとすれば、視聴料を取っているNHKにとって、大きなダメージだ。
一連の不祥事で既に視聴料の不払いの広がりが問題となっているが、このままだと、完全に税金で運営する「国営放送」へ移行させよ、という意見が出かねないのではないだろうか。
もちろん、視聴料不払いをする視聴者にはいろいろあり、単にお金を払いたくない人や放送内容に不満な人、本当に視聴していない人まで、様々だ。
本当に視聴していない人以外はお金を出し惜しみしている訳で、こういう人は国有化に賛成するかも知れない。自分の懐の痛みが減るからだ。

しかし、NHKもメディアの一部である。第四の権力と呼ばれる存在が行政や立法という三権の一角に擦り寄るのは、正しい情報を国民に提供できなくなる畏れがある。
不幸になるのは国民だ。
NHKは、独自の立場を確立する努力を止めてはいけない。

余談だが、NHKのニュースサイトでは今現在(2004.01.13 1:43AM)、この問題についてのニュースが見られない。
いつ、どういう形でニュースにするのか、気になるところだ。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-13 01:34 | ニュース
今後の展開予想。
女性団体がNHKなど批判 経産相も指摘認める -Excite エキサイト : 社会ニュース

やはり、こういう展開になったか、と思った。

今後、責任問題と絡んで各氏の去就がどうなるか。
先ず、海老沢会長は昨年末の紅白の低視聴率がトドメとなって既に辞意を表明したも同然。
NHKとしては、全ての責任を海老沢会長に背負い込み、持って行ってもらいたいところだろう。
一方、国会議員である二人については、地元他の支持者が一定数居るわけだし、政治活動は今回のことだけではない。また、NHKが「自主判断で」番組を改編したと言い逃れするものと思う。当然だが。

従って、海老沢会長の一人負けになるのではないだろうか。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-12 22:24 | ニュース
さすが、長期政権の首班の発言です。
知事4選反対に理解 首相「長期間やると弊害」

あくまで一般論に留め、最後は一歩引いて見せた発言です。
トップの任期が長いことに批判を浴びせれば、穴二つの発言になってしまいますからね。

さて、小泉政権の本音は、地方分権の推進なのか否か。
もう少し見定めたいと思います。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-12 21:50 | ニュース
会社への貢献か、特許侵害なのか
Excite エキサイト : 社会ニュース

青色発光ダイオード(LED)の発明対価を巡る訴訟が「和解」した。
だが、内実は和解とは言い難く、中村氏の弁護士が勝てないと判断したから、止むを得ず和解したらしい。

この裁判は、青色LEDが企業内発明かどうかということに加え、発明者個人の利益をどう認定するかに注目が集まり、次いで発明の対価そのものの巨額さで世間の関心を呼んでいた。
1審判決では発明の貢献利益を600億円と認定し、中村氏への支払額を200億円としたこと自体が世間の度肝を抜いたが、中村氏の立場で見れば、これは個人を企業に取り込もうという発想が間違いだから驚きもしない、ということだったのではないか。
それに比べたら、今回の和解内容(6億857万円、遅延損害金含めて8億4391万円)が納得できないのは当然だろう。(参考:「高裁の考え」要旨-河北新報社
「(和解内容は)100%負け。和解に追い込まれ、怒り心頭だ」 「(裁判官は)訳の分からん額を出して『和解しろ』と言う。日本の司法制度は腐ってると思う」という台詞に彼の気持ちは如実に表れている。
理系の日本人へのエールとして、次のようにも言っている。
「これだけの発明をして6億円。やっぱり日本は文系社会。個人を重んじず、大企業に『滅私奉公せい』というシステムだ。実力のある理系の人は米国へ来るべきだ」。
これは、多くの理系人間が感じていることではないだろうか。

日亜化学工業の小川英治社長のコメントは事実だろうが、こうした現状に甘んじているとすれば、私も批判したい。こうしたことを前提としていては、日本の国際競争力が更に低下することを恐れる故である。
「研究開発者は興味を持って取り組んでおり、技術的成果に楽しみを感じている。単純に金銭に置き換える人はそう多くない」
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-12 21:37 | ニュース
Top