「進化論を教えるな」に待った
進化論に反対する教育委員会に違法判決 | Excite エキサイト

科学をねじ曲げようとしているとの批判がある、ブッシュ政権下のアメリカ。
キリスト教右派の台頭が教育をもゆがめようとしている記事があったが、
どうやら憲法違反だとして、待ったがかかったらしい。

ホッと一安心すると同時に、この国が法治国家であることを皮肉な形で証明したように感じた。
すなわち、この国では科学の力よりも宗教が強いが、同時に宗教よりは法が強いと言うことである。
もっとも、今回の事件についてだけかも知れない。そうでないことを祈ろう。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 20:18 | ニュース
武装組織が被災者少女連行 スリランカ
河北新報ニュース 武装組織が被災者少女連行 スリランカでとユニセフ
スマトラ沖地震の大津波で深刻な被害を受けたスリランカで、同国政府と対立する少数派タミル人武装組織タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)が被災者の少女らを連行したケースを3件確認したことを明らかにした。
 事務局長によると、3人は同国東岸アムパライの避難民キャンプなど2カ所から連行され、このうち11歳と12歳の少女は保護され親類に引き渡されたが、15歳の少女の消息は不明。

セイロンがスリランカになり30年以上経つが、北部を中心とした独立闘争が続いている。
最近やっと治安がよくなって来たかと思っていたが、今回のような事件が起きてしまった。
LTTEは国際的に禁じられている少年兵を育成したり、自爆攻撃の要因として子供をさらったりしているという。
今回は津波の被災者を連れ去っており、混乱に紛れての拉致を図ったようだ。
スリランカ政府は、島の東側への津波被害への救援が困難だとしているが、そこにつけ込んだ犯行の可能性もある。

参考:流通マヒ、届かぬ物資 津波被害のスリランカ - asahi.com : 国際
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 19:55 | ニュース
アウシュビッツ「知らぬ」、5割近くに 英国
アウシュビッツ「知らぬ」、5割近くに 英国 - asahi.com : 国際

戦争の悲劇を若者が知らないのは何処の国でも同じようなものらしい。
今回のニュースは、イギリスのハリー王子がパーティーでナチスの腕章を着用したことが非難され、父のチャールズ皇太子に「アウシュヴィッツを見て勉強せよ」と叱られたことの関連記事である。
このような結果が出たとなると、ハリー王子だけを責められないのかも知れない。
歴史家のアンソニー・ビーバー氏が語るように、「(王子の行為は)ばかげていて、謝罪すべきなのは確かだ。ただ、アウシュビッツを知らない人が5割という方が衝撃的だ」と私も思わざるを得ない。

戦争は国際社会の枠組みを変える大きな力であり、きっかけだ。
その意味で、過去の出来事を知ることは、現在のイスラエルとアラブ諸国の対立を理解したり、現在のテロとアメリカの関係を考えたりする上でも欠かせない。
温故知新の知恵を活かすためにも、現在の世界を作った物事を教えることは重要だ。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 18:52 | ニュース
海外派兵の実績作りは慎重に進められる
Excite エキサイト : 主要ニュース

サマワの地元紙に委託したアンケートによると、日本政府の陸自派遣延長の決定について78%が支持すると回答、不支持は13%だったそうである。
また、陸自の活動に満足していないとの答えも今回、約3分の1に上っており、事業が小規模であることが主な理由だとされる。

前回の住民アンケートに比べると、支持は8ポイント程低下したとはいえ、特に問題にならぬ程の変動範囲の結果だろう。
これは、不支持の理由とも合わせると、あまり目立たぬように活動している結果なのだろうと思う。
面白いと思うのは、小泉政権が「民間で出来ることは民間で」と常々言っており、同時に「イラク(サマワ)は非戦闘地域」と言っているのに、サマワでの活動に自衛隊を出すことに固執している点だ。
オランダ軍に守ってもらっていることといい、活動内容が給水や一部土木工事であることなど、必ずしも軍隊としてやらなくてもいいことを軍隊にやらせること自体が目的なのだと考えざるを得ない。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 18:14 | ニュース
三高ならぬ三低の時代
資源ゴミ

高収入、高学歴、高身長を意味する「三高」の時代が過ぎ去ったことは分かっていたが、今や三低の時代だという。
知らなかった・・・。
三低の意味は「低リスク」、「低依存」、「低姿勢」だそうだ。

結婚相手として人気がある公務員を例に取れば、リストラされるリスクは民間よりずっと少なく(低リスク)、また、最近の公務員は営業スマイルが身についている人も多い。(低姿勢)
ただ、低依存というのは、なんだろう?「亭主元気で留守がよい」の新たな表現だろうか。であれば、これは個人の資質だな・・・。

尚、このリンク元に寄せられるコメントも面白いが、若干、意味不明である。
時代に対する、私の理解も限界が近づいているのかも知れない。困ったものだ。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 15:27 | ニュース
大阪府の裏切りは終わったか
Excite エキサイト : 社会ニュース

大阪府職員が組織的にカラ残業をして、不正に給与を取得していたという不祥事。
以前にも問題が発覚し、再発防止を約束して幕引きを図った経緯があったと思う。
民放TV局が実態調査のために市庁舎を観察したところ、定時以降、フロアの全ての明かりが消えた日ばかりだったのに、1ヶ月後の残業記録には数時間分ずつ残業したことになっていたという。
しかも、インタヴューに応じた管理職員は、実態を把握していないにもかかわらず、適正だと信ずるというコメントだった。
TV局員が反論のための証拠を示すと、対応が変わった点は決定的だった。

府民の信託を得ている知事を責めるのは他県人として心苦しいが、舐められていると思いますぞ。>太田知事
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 15:07 | ニュース
ライバルは運命共同体
正直じゃだめか?

談合を維持しようとして守りきれなかった企業が、談合を暴露して入札潰しにでるというニュース。

不況を身をもって感じている人には、笑い事ではなかったのではなかろうか。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 20:03 | ニュース
日本にも余地がありそうな「口説き授業」
モテないドイツの銀行マンに『口説き授業』が人気 | Excite エキサイト

少子化の懸念される日本では、不況の進行に伴って仕事一辺倒の男女が増えている。
結婚を希望しているのに出会いの場が無いと嘆く人も、少なからずいる。
忙しくて出会いの場自体が少ないのであれば、たまたま出会ったチャンスを活かしきれるかどうかも大いに疑問だ。
そこに、こうした授業があれば、大いに歓迎されるのでは? と思ったが、忙しすぎて参加でき無いかも知れないな・・・。ああ、無情。

実はこれ、似たようなことを行っている結婚相談所などもある。
若いうちは特にそうだが、真面目に仕事に打ち込む程、結婚を後回しに考えてしまい、気が付いたら中年に差し掛かっていたということにもなりがちだ。
そうならぬため、転ばぬ先の杖として、こうした「テクニック」を教えるところがあってもいい・・・かも?
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 19:26 | 街角
インターネット時代の不適合者
人間失格と烙印を押されてもいい。気持ちが痛いほど解る。

この際、医者個人の気持ちは、どうでも良い。
この医師が誤りを犯したのは1点だけ、公開の場であるインターネット上に書き込んでいたことである。
誰もが知っていることと思うが、医師には患者の秘密を守るべき守秘義務がある。
患者が特定されれば、即、守秘義務違反が問われるケースだ。
似たような事件が、昨年だったか、教師にもあったと記憶している。
個人情報の漏洩が問題になりがちな時代だが、人間と直に接する職業、特に「○○師」と呼ばれるような職業の人々には、特に気を付けてもらいたい。

ニュース・ソースはこちら。↓
医師がHPで患者中傷 「頭悪い、二度と来るな」-Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 17:49 | ニュース
政治生命と新しい生命をはかりに掛けると?
議員のみなさん、精子の提供をお願いいたします! | Excite エキサイト

1998年に「精子提供は身元を明らかされてもかまわない男性に限る」とする法律が施行されてから、同クリニックの精子ストックは減る一方

オーストラリア・ビクトリア州の話題だ。(幸か不幸か、日本ではない)
不妊治療だという趣旨は理解できるが、では提供者は誰でもいいのかというのも困るだろう。
そこで同法が施行されたようだが、提供者は選ばれるだけ(しかも将来の不安というオマケ付き?)では、提供を求める方に無理がないだろうか。
ましてや議員に無差別勧誘するこのクリニックは、本気で「世の男性に規範を示すため」と言っているのか、疑問を感じざるを得ない。
それとも、この手紙はマスコミによる宣伝効果を考えてのことだろうか。だったら、議員をも手玉に取った作戦に脱帽だが。
[PR]
# by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 10:40 | ニュース
Top