<   2005年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「臍帯血ギフト券」が登場 イギリス
CNN.co.jp : 子どもの未来に贈り物 「臍帯血ギフト券」が人気

白血病患者が骨髄移植を受けるには、骨髄の提供者が必要だ。型が合う人を見つけるのも大変だし、運良く提供者が見つかっても提供を受けるまでものハードルも高い。仕事を休んでもらったり、骨髄採取時の負担も少なくないという問題がある。

そんな負担の大きい骨髄移植に代わって注目されているのが、出産時の副産物とも言える「臍帯血」の移植だ。数少ない骨髄バンクのドナーから型の合う人を探すのは大変だが、臍帯血なら多数のパターンも得やすいし、提供にかかる負担も最小限で済む。

そんな臍帯血を子供の将来に備えて保存するというサービスがイギリスで始まった。10カ国で事業展開しているスマート・セルズ・インターナショナル社では、この5年間で約5000人の赤ちゃんの臍帯血を採取、保存している。これらの血液は25年間保存されるそうだ。不幸にも若くして白血病を患った場合はもちろん、臍帯血利用は今後拡がる可能性があるようだ。
役に立つ状況を想像すると、2215ドル(約26万円)という買い物も、高いとは言えないのではないだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-12-31 01:44 | ニュース
Top