<   2005年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
CIA工作員身元漏洩に副大統領関与の疑い アメリカ
CNN.co.jp : CIA工作員名、情報元は副大統領と 米紙報道

24日付のニューヨーク・タイムズ紙によると、違法にCIA工作員名が暴露された事件の情報漏洩元はチェイニー副大統領だったとして、している。

米メディアでは03年7月、対イラク開戦を批判したウィルソン元米大使の妻、バレリー・プレームさんがCIAの工作員であることが報道された。記事を執筆した記者らは、カール・ローブ大統領次席補佐官とリビー氏が情報源だったと認めている。

工作員の身元を漏洩し危険にさらすことは、アメリカの法律に違反する。イラク開戦反対派だった大使への報復として、CIA工作員だった大使の妻の情報を誰が漏らしたのかについて、ブッシュ大統領の選挙参謀だったカール・ローブ大統領上級顧問らの関与が濃厚だ。
ブッシュ大統領の発言などからも彼の関与自体は否定されておらず、これだけでもブッシュ政権へのダメージは大きいと見られていた。

しかし、副大統領が関与していればダメージは更に大きくなる。状況から見れば、副大統領の関与はいかにもありそうなことだ。ネオコンの立場、漏洩疑惑のあるリビー副大統領補佐官の上司である点を見るだけで、動機と状況証拠は十分だろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-26 01:53 | ニュース
宿題に手榴弾を持参した小学生 ポーランド
Ananova - Boy brought grenade to show and tell

ポーランドの小学校の発表会に、9歳の少年が使用可能な手榴弾を持参し、全校が避難する騒ぎとなった。

児童等は、何か面白いものを教室に持ってきて、クラスメイトに見せるようにと言われていた。

トーゼブニクに住む9歳のピオトル・エルンストは、父親の持つ第二次世界大戦記念コレクションの中の手榴弾がいい、と思った。

後で警察に聞かれた際、少年の父親フリディリクは、家の近くの森にて金属探知機を使って見つけた第二次大戦の遺物の近くで掘り出したものだと語った。

一言:子供がいると隠しきれないものってあります。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-24 01:49 | 街角
ブリテン人気質の差 イギリス
Ananova - Brummies are Britain's rudest

バーミンガムの住民はブリテン島で最も粗野な人々であるということが、ある調査により判明した。

イングランド北部の人々が最も礼儀正しく、次は僅差でリバプール市民が続いた。
研究者は密かに、国内8つの都市の住人の礼儀正しさを一連の「礼儀作法度テスト」にかけて測定した。

研究者は、店員が「プリーズ」「サンキュー」と言うかどうか、そしてまた、公共の建物に入る人々が後続の人のために扉を開けておくかどうかをチェックした。

また、ラッシュアワー時に脇道から出てくるドライバーが割り込ませてくれた人々に感謝しているかどうか、道路の横断者のために積極的に停車したかどうか、買い物を落とした人のために車を止めて手助けしてあげるかどうかを観察した。

リーダーズ・ダイジェスト誌の調査によって、英国人全体の59%は礼儀正しいとされたが、ニュー・キャッスルでの数字は77%であった。

2番目はリバプールで70%であったが、一方、バーミンガムは最低の43%の状況でしか常識的な礼儀作法を示さなかった。

その他に調査された都市は、エクセター、カーディフ、ロンドン、サザンプトン、エジンバラだった。

各都市で10回ずつ行われたこのテストの結果、北部の方が南部よりも礼儀正しい、という結果が明らかになった。

一言:旅の思い出をより良いものにしたい方、参考にしてください。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-24 01:35 | 街角
ハリケーン、最多発生記録を更新
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 暴風雨「アルファ」が発生 22番目、米最多記録

米ハリケーンセンターは22日、カリブ海で普通の強さの台風に相当する熱帯暴風雨「アルファ」が発生し、メキシコ湾からカリブ海、大西洋にかけての海域で今年計22番目の熱帯暴風雨・ハリケーンになったと発表した。これまでの最多記録は1933年の21個だったが、今年はこれを上回った。

アメリカでのハリケーンの呼び名はアルファベット順に男女の名前が交互に用意されている。アルファベットは26個だが、Q、U、X、Y、Zは除かれているので21個のネーミング・リストが用意されているそうだ。
だが、このリストでは今年発生したハリケーンを数えるのには不足だった。仕方がないのでアルファベットの先頭に戻り、ギリシャ語のαを使用したようだが、今後のため、リストの見直しが行われるのではないだろうかと思う。遅くとも、今年のリストが再使用される6年後までには。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-23 22:57 | ニュース
カシミール地方を開放 パキスタン
CNN.co.jp : パキスタンがカシミール開放、インド側も歓迎を表明

8日発生した地震で甚大な被害を受けたカシミール地方について、パキスタンのムシャラフ大統領は18日、住民がインド側との実効支配線(停戦ライン)を越えて移動することを認める方針を明らかにした。インド政府はこれを歓迎する意向を示している。

地図が示すように、カシミール地方はパキスタンの首都イスラマバードにも近い。にも拘わらず、パキスタンが取った今回の措置は、インドとパキスタンの信頼関係が一定レベルに回復したことを示す一つのシグナルとして、国際社会に安心感を与えるものになるだろう。

勿論、インド側も誠意ある支援の姿勢を示すことでこれに応えなければならない。

関連:【パキスタンで大地震、余震続く
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-23 01:05 | ニュース
終わり告げる就職氷河期
東京での就職支援、パソナが地方大学向け新サービス : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


3年前には大学生の就職状況は氷河期と呼ばれた。
だが、わずか3年の間に新卒を巡る就職状況は大きく改善したらしい。
来春卒業を迎える学生のうち、企業からの内定を2社以上もらう学生が半数近くに登り、3社以上から内定をもらう学生も結構な数になるそうだ。

学生が就職活動に真剣に取り組むこと自体は悪いことではないが、就職のために本来勉学に費やすべき時間まで奪われるようでは、本末転倒だろう。
就職活動に費やすエネルギーが極端に大きいとなれば、大学は文字通り、単なる就職予備校と化してしまう。高卒で就職した方が(就職に有利なため)マシだと若者が思うようでは、教育立国としての日本の未来は暗かろう。
最低限、我が国の将来において、人件費の安さを隣の大国と競うようなことをしてはならない。

しかし昨今の日本の景気回復においては90年代の米国のような本格的な景気回復、すなわち、イノベーションが欠けており、米国の「restruction」と日本の「リストラ」ではその意味が全く異なってしまった。

高齢化・少子化に伴う労働人口の減少が進み、デフレ経済も長引き過ぎた感のある日本経済を本格的に立て直すには、国民の所得回復が重要な問題だ。これに比べたら、国の財政再建問題は付随する問題に過ぎないと言ってもいい。

中高年の所得問題と若年層の所得問題はそれぞれに重要であるが、ポイントは異なってくる。
中高年層は(老後も含めた)生活の安定が重要だが、若年層の場合は就労経験の取得が重要側面だ。生活支援的な制度が有ればいいというものではない。

この記事は書きかけです

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-17 00:52 | ニュース
犬OK、子供NGな高級ホテル オーストリア
Ananova - Hotel bans kids, allows dogs

c0026624_0363637.gifオーストリアの高級リゾート地にある最高級ホテルが、幼い子供たちの受け入れを拒否した─が、犬については今も受け入れている。

コルティセン・ホテルのオーナー、ローランド・バルナー(38)は、子供達はいつも行儀悪く、料金以上に金のかかるトラブルの種であったと語った。

彼は、来年5月以降、12歳以下の子供はお断りすると約束した時から、予約が殺到したと強調した。

しかし彼は、犬についてはよく躾けられているので入館許可されているのであり、子供とは違ってホテルを壊したりしないからだ、と付け加えた。

彼の地所はウォルフガングジー湖の上方、グムンデン近郊のセント・ウォルフガング山という最高の立地にある。

彼は、「我がゲストは、子供達の喧騒の無い、静寂と安らぎを得る権利があります」とも語った。

「親が叱り付けるような状況になっても、ほとんど、親はここにリラックスするために来ているのであって子供のしつけに来ているのではないと感じているように見受けられます。」

バルナーは、2500万ユーロを投資した彼のホテルで、「子供たちが白い革張りのカウチにフェルトペンで落書きをする」こと、その他の破壊行為に耐え切れなかったと語った。

一言:大人と子供の区別が社会に設けられる理由の一端を、改めて垣間見る話です。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-16 23:13 | 街角
入場は7割止まり 香港ディズニーランド
香港ディズニーランド、開園1か月は営業不振 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

9月に開園したばかりの香港ディズニーランド。広大な中国本土の客が押し寄せるかと思ったが、開園1ヶ月の実績は、収容能力の7割程度の来客だったそうである。
香港ディズニーランド・ホテル

香港メディアによると、期間中のディズニーランド入場者数は最大で1日約2万人だったが、この期間に香港を訪れた観光客全体の数は約44万人で昨年と変わりなく、ディズニー効果は見られなかったと言える。
この「不振」の原因について、研究者は中国国内におけるディズニーの知名度自体に懐疑的な見方を示している上、豊かになった層は国内の香港よりも海外旅行に出かけたりした可能性もあると見ている。
そうだとすると、今後も香港ディズニーランドは苦戦を余儀なくされるといえそうだ。

関連:【香港ディズニーランド、9月オープン
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-13 00:52 | ニュース
「神舟6号」有人宇宙飛行に成功 中国
RedNova News - Space - Chinese Crew Blasts Off for Space Mission
SANSPO.COM

12日、中国の有人ロケット「神舟6号」が打ち上げに成功した。「神舟5号」に続く有人宇宙飛行に成功した中国は、安定したロケット打ち上げ技術を国内外に示し、国威発揚と総合的な科学技術水準の高さを示すことに成功した。
c0026624_0262070.jpg

今回の打ち上げは一人だけを打ち上げた「神舟5号」の時とは違って2人が乗り込み、宇宙滞在時間も長くなった。温家宝首相も見守った打ち上げの様子はTVで生中継され、打ち上げ成功が判明すると胡錦涛国家主席も祝辞を述べた。国を挙げての一大イベントの様相だった。
ちなみに、宇宙からの第一声は「感覚良好」だったそうだ。
c0026624_0394146.jpg

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-13 00:25 | ニュース
ビンラディン、パキスタン地震で死亡か
ANN NEWS

11日付のドイツの大衆紙「ビルト」は、アメリカの衛星探知機が先週、パキスタン北西部でビンラディン容疑者の姿を確認して以来、居場所が分からなくなっており、土砂崩れに遭った可能性が高いと伝えました。AP通信も、テロ専門家の話として、ビンラディン容疑者がカシミール地方に潜伏していた可能性もあると報じています。ビンラディン容疑者は、腎臓病で人工透析が必要との説がありますが、被災地は停電のため、医療機器を使うことが難しくなっています。

ビンラディン容疑者の所在は、アフガニスタン東部~パキスタン国内かと言われ続けていたが、アメリカがそれほど確たる情報を掴んでいたとは思わなかった。
この情報も疑問符が付く内容ではあるが、正しい話と仮定すると、アル・カイーダは今後徐々に弱体化、もしくは変質していく可能性があろう。

それにしても、今回の地震の死者は4万人になる恐れもあると言われるだけに、破壊のエネルギーも凄まじかった訳だが、米軍の攻撃を逃れ続けたビンラディン容疑者も、自然の驚異には敵わなかった、と言うことになるのだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-12 23:56 | ニュース
Top