<   2005年 07月 ( 106 )   > この月の画像一覧
記事が1000件を超えました

Eppur si muove1月から始めたブログですが、投稿記事が1000件に達しました。

ちなみにジャンル別に記事の内訳を見ますと、「ニュース」6割、「街角」3割、その他が合わせて1割となっています。

これまで興味の赴くままに書いてきましたが、この間に皆様から貴重なコメントやトラックバックも頂きました。有り難うございます。今後もこれらを励みとして続けたいと思っていますが、8月からは若干更新ペースを落とし、無理なく更新を続けることを念頭において取り組もうと思っています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-25 02:30 | 街角
スペースシャトル再開へカウントダウン
ディスカバリー:秒読み開始 26日打ち上げ目指し
寿命はどこまで? 老朽化に悩まされるスペースシャトル
RedNova News - Space - Countdown on Again for NASA Space Launch

2年前のコロンビア号の空中分解事故以来、飛行が見合わせられていたアメリカのスペース・シャトルだが、運行再開にむけ、カウント・ダウンが始まった。気象条件などが順調に運べば、日本時間の26日23時39分に離床予定。
Discovery on the launcher
今回打ち上げるのは4機あるスペースシャトルのうちのスペースシャトル「ディスカバリー」だが、他の機体も含め、スペースシャトルは老朽化が進んでいる。宇宙まで行くオービター各機の初飛行は今から20年以上も前のことだ。
  • コロンビア    1981年4月12日~2003年2月1日
  • チャレンジャー  1983年10月3日~1986年1月28日
  • ディスカバリー  1984年8月30日~
  • アトランティス  1985年10月3日~
  • エンデバー    1992年5月7日~
エンデバーはチャレンジャーの代替機だが、その他はかなり使いこんでいる感がある。NASAのマイケル・グリフィン局長いわく、「わが家に25年を経ていまだ現役の電子機器が1つでもあるかと考えてみた。たぶんないと思う。宇宙船も同じことだ」と発言したそうだが、「老朽化」は最近の電子部品の故障が頻発していることを考える際には欠かせない問題点だ。なにしろ、元々のシャトルの寿命は10年で設計されていたというのだから!

ディスカバリーの打ち上げは、当初7月13日の予定だったが、発射まで2時間半に迫ったところで燃料系のセンサーの故障が見つかり、延期された。原因は今だ不明だが、今度は原因不明のままだとしても部品交換して打ち上げるという。確かにその対処でOKなのだろうが、老朽化を尚更印象づける打ち上げとなりそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-24 16:34 | ニュース
ブレア首相の化粧代は平均的英国女性の2倍
livedoor ニュース - ブレア英首相のお化粧代は女性の2倍=健康ルックスの秘密ばれる

政治指導者の健康や健康そうな見栄えが重視されている昨今、イギリスの首相もまた、見栄えには気を遣っているという事実が判明した。

Tony Blairブレア英首相(写真)の顔が年中、健康そうに輝いている秘密の理由が23日明らかにされた。ブレア首相は化粧に平均的な英国女性の2倍近くを支出していた。ダウニング街10番地(首相官邸)が議会の質問に書面で回答した中で化粧費が公表された。

 回答書によると、官邸はブレア首相の過去6年間の化粧品代として1050ポンド(約21万円)、美容師代として791ポンド(約16万円)をそれぞれ支出した。平均的な英国女性の1年間のお化粧代は195ポンド(約3万9000円)。

だが、これくらいでは驚くに値しないだろう。こうした傾向は民主主義国家では珍しくも何ともなくなりつつある。我が国の首相もおしゃれだとの評判を得ているし、イタリアのベルルスコーニ首相は脂肪吸引して若返り、その脂肪は200万円の石鹸となって売りに出される始末だ。アメリカのブッシュ大統領もサイクリングやジョギングで健康をアピールしていることは知られている。

関連:【メイクアップに年370万円 アイルランド首相
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-24 15:50 | ニュース
「オスのトマト」がオークションに アメリカ
eBay: UNUSUAL SHAPE TOMATO SHOULD MAKE THE PULSE...AGAIN (item 5599673197 end time Jul-27-05 05:50:33 PDT)

ジョージア州ダルトン在住の男性が、「明らかにオス」のトマトをオークションサイトのe-Bayに出品して話題になっている。出品者はトマトに「トム」と名前を付けて出品。入札〆切まで後3日に迫った現在、このトマトの値段は75ドルを超えるまでになった。
c0026624_13533293.jpg
このトマトは形が珍しいだけで人気を呼んでいる訳では無さそうだ。サイトを見ると、出品者のトマトに掛ける並々ならぬ愛情(遊び心?)が伝わってくる。トムを結婚させてくれるのは勿論、ランニング・マシンに乗せて定期的に運動させるとしているし、また、状態が少しでも変ならば氷嚢を作って手厚く看護していることも明らかにしている。

このサイトは毎日更新しているそうなので、擬人化されたトマトの新たな一面が見つかるかもしれない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-24 14:01 | 街角
ある下着泥棒 ドイツ
Ananova - Builder stole panties for work

仕事の時に穿きたかったという理由で、ドイツの建築業者が何百枚もの女性用下着を盗んだことを認めた。

近所の洗濯物干しロープからパンツを盗もうとしていた犯人(23)は、罠を仕掛けていた被害者に捕まり、警察に逮捕された。

イングリッド・フォークマン(53)は泥棒を捕まえるため、夫に頼んで洗濯物干しロープの下に動作感知器を設置していたのだ。

逮捕された後、彼は警察にこう語ったとされる:「仕事の時に女性の下着を穿くのが好きなんです。でも、自分で買うのはあまりにも恥ずかしかったので、近所の人の物を盗っていたという訳です。」

一言:もっと平和的な方法がいくらでもありそうな気がするんですけど・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-24 00:54 | 街角
川底から1万円札 神奈川県
Excite :<川底に1万円札>横浜・石崎川で72枚 持ち主を探す

23日午後0時40分ごろ、横浜市西区中央1の石崎川で、「川の底に1万円札が落ちている」と近くの男性から110番があった。駆け付けた神奈川県警戸部署員が、川底から1万円札72枚を回収した。拾得物として持ち主を探している。

 調べでは、1万円札はすべて新札。約3メートル四方の範囲でまとまって、川底のヘドロの中に埋もれるような状態で見つかった。普段は川底が見えないが、発見当時は引き潮も重なって川の水が少なくなっていたという。

 現場は横浜駅の南西約1キロの住宅地。

何枚かは引き潮で移動した可能性もあるのではないか。近くに住んでいたら、是非探しに行ってみたいところだ。
最近起きる類似の事件は、訳有りのお金ばかりだが、今回もそのような予感がする点が残念である。

関連:【中学生が用水路で1500万円を発見
関連:【民家の郵便受けに30万円 埼玉県
関連:【アパート郵便受けに503万円 京都
関連:【元駐車場に埋蔵金
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 23:29 | ニュース
エジプトの爆弾テロ、死者83人に
Excite :<エジプト爆発>爆弾テロの死者83人に、百数十人が負傷
Excite : 同時爆弾テロの死者83人 犯行声明出る
Excite :爆破事件のシャルムエルシェイクから観光客が相次ぎ帰国の途に

シナイ半島にあるリゾート地で起きた爆弾テロは、死者の数が83人に上り、負傷者数も200名を超え(うち20名程度が重体)、エジプト史上最悪の爆弾テロとなった。

紅海を臨むシャルムエルシェイクで23日、3件の連続爆破事件が発生した。地元警察によると、3件はいずれも自爆テロだった。

c0026624_1505271.jpg連続テロはいずれも午前1時15分ごろ発生。ナアマ湾地区にあるガゼラホテルでは爆弾を積んだ自動車が突っ込み建物が大破、死傷者多数が出た模様だ。また同地区から4キロ離れた市場で車を使った自爆テロがあり、海沿いの歩道では爆弾入りのかばんが爆発した。

アル・カイーダ系「アブドラ・アザム旅団」が同日、ウェブ上で犯行声明を出した。声明は「十字軍とシオニスト(イスラエル)たち、背教者のエジプト政府に大きな打撃を与えた」としている。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 23:00 | ニュース
首都圏で震度5強
asahi.com: 東京・足立区で震度5強、関東各地で震度5弱
Excite : <地震>東京・足立で震度5強 1都3県で24人が重軽傷

23日午後4時35分頃、千葉県北西部の地下73km付近を震源とする大きな地震が発生した。最大震度は震度5強、マグニチュードは6.0と推定される。震源が深かったため、大きな被害が発生しなかった代わりに広範囲で震度4程度の揺れが観測された。
c0026624_2234887.jpg
震源地は、太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界付近であり、いわゆる「地震の巣」。60年以降だけでM5.0以上の地震が10回起きている地震多発地帯だ。
今後、余震が起きたとしても最大で震度4程度と気象庁は見ており、地震は収束に向かいつつある。ただ、今回の本震でビル外装工事の作業員が落下して重傷を負うなど、若干の被害は出たと伝えられた。

関連:【マンホール・トイレ
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 22:34 | ニュース
リモコン争奪戦 ルーマニア
Ananova - Pensioners fought over TV remote

二人の年金生活者がテレビのリモコンを巡って争った結果、二人とも治療が必要となってしまった。

ゲオルゲ・ボテザツ(85)とヴィクトル・ガブリアルズ(73)はロマンの老人ホームに住んでいる。

施設長のリディア・ミハイロヴィ医師はマニトラル・デ・ネーム紙にこう語った:「彼らはいつも互いに張り合っていました。」
「ほとんどいつでも、彼らはTVのことで喧嘩していました。一方がニュースを見たいと言えば他方は映画とか、何か他のものを見たがったり。今回は、杖を使ってお互いを叩いていました。」

年若い方は鼻の骨が折れたことで手術が必要になり、二人とも腫れと打ち身の手当が必要だった。

85歳の男は、トラブルを繰り返したら自宅に送り返すと警告された。

肺が悪いために呼吸が困難なこの男は、アルコールをこっそり持ち込み、ホームの女性とセックスしようとして捕まったこともある。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 12:19 | 街角
間違った相手と結婚式 インド
Ananova - Bride marries wrong man

聖職者の口が滑ったために、インドの女性が誤って別人と結婚するハメになった。

この聖職者はウッタル・プラデッシュ州ウダイヤ市のイスラム教徒の結婚式にて、花婿とその兄弟とを混同した。

誓いを交わす間、聖職者は「シラージ」と呼ぶべきところ、代わりに「メフラジ」と言い、花嫁も話をよく聞かず、これに同意した。

次の朝、花婿の家族が結婚証明書を見た時、誤りが明らかになった。

花嫁は両親の家へ送り返されたが、今、彼女は元々の花婿と結婚したのか、その兄弟と結婚したのか、板挟みになっていると伝えられた。

両家の年長者は、デオバンドにあるイスラム神学校の専門家にこの文言の取り扱いについて相談を持ちかけた。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 09:15 | 街角
Top