<   2005年 07月 ( 106 )   > この月の画像一覧
ネコは甘さを感じない
Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk

猫は、甘さを感じることができないらしい。
ネコ科の動物は甘みを感じる受容体の遺伝子が他の動物とわずかながら異なっていることをイギリスなどの研究者が発見した。
猫はバターなどの甘み以外のものでもしばしば鼻を膨らませる。このことに対する説明は、猫の持つ甘味受容体が不完全であるということだと、コーネル大学の分子遺伝学者ツィア・リーは言う。

哺乳類は、味蕾細胞上にあるT1Rと呼ばれる受容体を通して甘い香りを感知する。T1R受容体はT1R2およびT1R3と呼ばれるサブユニットから成り、各々別の遺伝子によって形作られる。

オンライン・ジャーナル「Public Library of Science Genetics」の中で、リーと共同研究者は飼い猫、虎、チーターのT1R2タンパク質に遺伝子配列上の変異が見つかったと書いた。

「甘さに対するもの以外、ネコの味覚は正常です。」と研究者はレポートの中で語っている。

「機能していない甘味受容体は、ネコが甘いものに貪欲ではないことを分子レベルで説明します」と研究を行ったコーネル大学の生物学者ジョセフ・ブランドは書いた。

「この見事な説明を前提にすると、ネコの肉食的振舞いの進化における、分子的変化の重要性が見えてきます」とブランドは書き加えている。

「まだ分かっていないことは、肉食的振舞いとT1R2タンパク質の欠損のどちらが先に起こったのかということです。遺伝子の見地からは、必要に迫られたからか不要になったからか?、ということです。」

熊や犬、アライグマ等、肉食動物の多くは甘いものを好む。

「冗談ですが、ネコが不機嫌だって言うのは不思議ではないですね。─彼らは食べるために獲物を狩る必要があるだけでなく、甘いデザートを楽しむことも出来ないのです」とブランドは言った。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-27 17:43 | 自然科学
山拓、再び窮地に
asahi.com: 山崎拓氏は「起訴相当」 日歯連事件で検察審
日歯連事件:山崎拓氏、「起訴相当のいわれ、全くない」

先の参議院議員補欠選挙で公明党に助けられ、なんとか返り咲きを果たしたばかりの山崎拓(前首相補佐官)が、再びスキャンダルに巻き込まれている。

2001年、山崎氏が代表を務めていた自民党支部または資金管理団体の会計責任者と共謀し、日歯連から3千万円の寄付をうけたのに、政治資金収支報告書に記載しなかった疑いがあるとしている。疑惑を持たれているのは、国民政治協会に献金された形となっている5000万円の一部だ。領収証も国民政治協会から発行されているが、それは虚偽の領収証であり、実際には山崎拓氏他に流れていた可能性があるという。

この件で山崎拓氏らは不起訴処分となったが、市民団体がこれを不服として検察審査会に異議の申し立てをしていた。検察審議会で審議した結果、起訴相当であると議決された。

審査会は、01年に日歯連から国民政治協会に献金された形となっている5000万円のうち約3000万円は、実際には山崎拓氏が受け取った政治献金だった疑いが強いとしている。また、1000万円の献金を受け取っていたとして、同時に申し立てを受けていた自見庄三郎・元郵政相、木村義雄・元厚労副大臣に加え、国民政治協会の関根兵司・会計責任者、日歯連の会計責任者だった内田裕丈前常任理事の計4人をそれぞれ「不起訴不当」と議決した。

[P.S.]
これに対して山崎氏は「「起訴相当とされるようないわれは全くない」と記者団に語り、疑惑を改めて否定した。

山崎氏は同審査会の議決書で「幹事長(当時)の立場で迂回(うかい)献金の手法を用いた」と指摘した点について「そうではない」と否定。山崎氏が東京地検特捜部の調べに「日歯連から党への献金5000万円の提供を受け、幹事長室のロッカーに1カ月弱置いたままにしていた」と供述したとされる点については「捜査当局にお任せしている」と述べるにとどまった。

尚、盟友(?)小泉首相は、「検察当局が適切に判断すると思います」と、いつもながらのコメント。

関連:【山崎拓氏、返り咲き果たす 福岡2区
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-27 16:22 | ニュース
休暇取ったら死亡宣告 ルーマニア
Ananova - Man lost job for being 'dead'

ルーマニアの男性が休暇から戻ったところ、彼は死亡宣告されたために職を失っていたことが判明した。

フォクサーニに住むバレンティン・レフター(20)は2週間ばかり家を離れていただけだったので、ショックを受けていると語った。

夏期休暇から戻ってきたところ、彼はワインの瓶詰めを行っているProdecam Vanatori社からの手紙を見つけた。

「私の妻に宛てられたこの手紙は、私の死亡に遺憾の意を表しており、未払い賃金などは来月支払われると書かれていました」とレフターは語った。

彼が会社の上司に電話した時、上司等は謝罪し、手紙はコンピューターのエラーによって送られたものだと言った。

しかし、彼の代わりの人物を雇ってしまったので、彼が会社で仕事に再度就くことはできないと彼らは言ったと地元メディアは伝えた。

彼は今、会社に約200万円の賠償を求めて訴えを起こそうと計画中だ。

一言:新手のリストラ?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-27 14:24 | 街角
政府専用機、閣僚も利用可能に
政府専用機、閣僚も利用可能に TBS News-i

c0026624_0493364.jpg首相など三権の長や皇族、緊急時の在外邦人の救出に使われる政府専用機を、閣僚も使用できるようにする自衛隊法の施行令を政府が改正したそうだ。

今まで閣僚は利用できなかったのかと、驚いてしまったのだが、仕事であれば、時間の制約などなくして閣僚にはドンドン働いてもらいたいと思う。こうした見直しは歓迎したい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-27 00:52 | ニュース
ディスカバリー、打ち上げに成功
BBC NEWS | Science/Nature | Discovery blasts off from Florida
Excite:『ディスカバリー』、再び宇宙へ

2年半ぶりにスペースシャトル「ディスカバリー」がケネディー宇宙センターから打ち上げられ、シャトル打ち上げとしては久々に注目を集めた。

ディスカバリーは予定時刻(日本時間に打ち上げられ、2分半経って補助ロケットの切り離しが行われた後も順調に上昇を続けた。打ち上げ8分後には高度100kmで外部燃料タンクを切り離し、楕円軌道に乗った。これで「打ち上げ成功」が確定となった。
  • ミッション STS-114
  • ディスカバリーにとって31回目の飛行
  • 国際宇宙ステーションへ向けての17回目の飛行
  • 発射時刻:東部標準時間 7月26日10時39分
  • 発射場所:ケネディー宇宙センター、打ち上げ台39B
  • ディスカバリー搭乗員:コリンズ、ケリー、ノグチ、ロビンソン、トーマス、ローレンス、カマルダ
  • スペース・シャトル飛行の中断は、2年半前に起きたコロンビアの事故によるものだ。コロンビアは大気圏再突入時に耐熱タイルが剥がれたことにより、悲惨な事故を起こした。その意味では、今回のミッションは地上に帰還して初めて「成功だった」と言うべきものだろう。

    事実、今回搭乗した日本人宇宙飛行士、野口聡一氏は機体の損傷などを宇宙空間で直すミッション・スペシャリストとして登場している。あまり活躍する場面はないほうが良さそうだが、老朽化しているシャトルをカバーできる人の存在が重要なのは間違いない。

    ともかく、打ち上げに成功した今、次はミッションを終えて無事に帰還を果たした姿を見せて欲しい。

    参考:【スペースシャトル再開へカウントダウン
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-26 23:50 | ニュース
    ヘミングウェイそっくりさんコンテスト アメリカ
    CNN.co.jp : 恒例のヘミングウェイそっくりさんコンテスト開催
    Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk

    「老人と海」などの作品で知られる文豪アーネスト・ヘミングウェイの誕生日にちなみ、毎年7月21日にフロリダ州キーウェストでは"Hemingway look-alike contest"(ヘミングウェイそっくりさんコンテスト)を開催している。今年は米国や南アフリカ、ハンガリー、アイルランド、プエルトリコから160人が参加したという、インターナショナルな大会である。
    ヘミングウェイc0026624_855748.jpg
    左の写真が本物(故人)で、右中央が今回優勝した郵便局員ボブ・ドーティさん(61)だ。こうして見ると、日本から参加者がいてもおかしくないようなコンテストにも思える。(笑)

    今回のコンテスト参加者にはヘミングウェイの実の息子(44)も参加していたというから、参加には寛容なはずだ。
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-26 08:47 | 街角
    ミサイルが牛に命中 ロシア
    迷いミサイル プチソ連

    最近、くず鉄回収業が盛んなロシアで、ふとした事故からミサイルが点火、村が停電する騒ぎとなった。

    ロシアのユダヤ人自治区にあるビロフェルド村が部分的な停電に見舞われた。地元民家の裏庭からうっかり発射されたミサイルが電線を破壊し、牛小屋に飛び込んで牡牛一頭を殺したとインターファクス通信が金曜日伝えている。

    地元警察によるとロケットはクズ鉄収集で生計を立てている男の庭から発射された。男は、金属片をのこぎりで切断していたところ火花がロケットの上に落ち、ロケットが飛んでいったと主張している。
    ロケットはまず男の菜園をかき分け、牛小屋にぶち当たって牡牛を殺し、村の上を飛びながら1階建てビルの屋上にあるテレビアンテナを破壊、そして電線に衝突した。ロケットはヤギが草を食んでいた牧草地近くの森に落下。この結果、村への電力供給が24時間に渡って途絶えた。

    その直後、切断された電線の金属ワイヤーがクズ鉄ハンターによって盗まれたとインターファクスは報じている。

    事故の原因もくず鉄業者なら、事の顛末もどこかのくず鉄業者に利をもたらしたようだ。それにしても、廃棄ミサイルの扱いがこれで良いのだろうか。

    関連:【金物盗相次ぐ ロシア
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-25 21:21 | 街角
    名前の悪いレストラン チリ
    Ananova - Car crashes into Car Crash

    新規開店したレストラン「カー・クラッシュ」が閉店に追い込まれた─建物に車が飛び込んだために。

    その車は雨天のため制御不能に陥り、サンチアゴにあるレストランの入り口に飛び込んだ。

    店主のナンシー・アラヤは、この地域が事故多発地帯であることからレストランに「カー・クラッシュ」と命名したと語っている。

    彼女はラス・ウルティマス・ノーチシャス紙にこう語った:「信じられません。車が『カークラッシュ』にクラッシュするなんて、ブラック・ユーモアです。このレストランは今やジョークのネタです。」

    この事故で負傷者は出なかった。レストランは1週間以内に再開予定である。
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-25 21:03 | 街角
    大統領が議院内閣制の導入主張 フィリピン
    CNN.co.jp : アロヨ大統領が施政方針演説 議院内閣制への移行を主張
    asahi.com:下院議員27人がアロヨ大統領弾劾動議 フィリピン-国際
    Excite :比大統領の弾劾申し立て 多数与党が阻止か

    c0026624_0525522.jpgフィリピンのアロヨ大統領が25日、国会で施政方針演説した。この中で大統領は、大統領の直接選挙制を改め、議院内閣制への移行を可能にする憲法改正が必要と主張した。

    アロヨ大統領がこのような主張を演説に盛り込んだ理由が何か、憶測を呼んでいるが、大統領に対する批判が最近高まっているのが原因、という見方がある。仮に憲法改正となれば、任期満了できなくとも名誉ある退陣(?)が可能だからだ。

    だが、演説を行ったこの日も野党からは大量の議会欠席者は出るし、大統領選での不正を訴えアロヨ大統領の罷免を求める弾劾決議案すら提出される始末だ。(これは与党に否決される見通しだが。)

    こうしたアロヨ大統領個人を巡る諸問題を除いた場合、フィリピンに議院内閣制がふさわしいかどうかだが、政情安定の特効薬とは行かぬまでも妙薬にはなるのではないかという気がする。
    マルコス政権以降を見てみると、アキノ政権やアロヨ政権は前政権を力で倒して成立しているし、エストラーダ政権にしたってポピュリズムと腐敗要素が結びついたのは大統領直接選挙制の結果だろう。

    首相公選制の議論も進まぬ日本にいると歯がゆいこともしばしばだが、議会に基盤を持つか持たないかは政権の力を大きく左右する。郵政民営化問題で際どい票読みをしている小泉首相を見ていると、なおさら現在が特異な状況にあることを認識せざるを得ない。日本で首相公選制を導入するのは時期尚早だろう。
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-25 19:16 | ニュース
    インド洋北部でM7.3の地震
    Excite : インド洋北部で強い地震 マグニチュード7・3
    NHKニュース

    25日午前零時42分ごろ、インド洋北部で強い地震があった。震源地はインドネシアのスマトラ島北西のインド領ニコバル諸島付近とみられる。
     気象庁によると、マグニチュード(M)は7・3と推定される。
    この地震で一時、インドネシアやタイで津波警報が出されたが、被害の報告はなく、警報は解除されたそうだ。

    この地域ではマグニチュードの大きな地震が続くが、震源が浅いだけに気が抜けない状況だ。時間帯が夜で、大きな被害が無かったのは幸いだ。
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-07-25 07:30 | ニュース
    Top