<   2005年 06月 ( 139 )   > この月の画像一覧
ビーバーによるエネルギー危機 ロシア
RUSSIA MAKES IT FUNNY

ロシアのキーロフ地区にある2つの村では、興味深くも小規模なエネルギー危機に陥った。これらの村は局地的な送電線に起きた非常事態の結果、数時間電力が停止した。

電線から遠くない小川に棲むビーバーの群れが、2つの村に小規模な停電を引き起こしたのだった。ビーバーは川の堤防に生えた高いアスペンの木を切り倒した。木は丁度、送電線の真上に倒れた。緊急システムが自動的に損傷を受けた線を電力系統から切り離した。

地元電力会社の専門家が倒木を除去し、新しい電線を張った結果、村人は再び家で電気を享受できた。尚、ビーバーの群れは罰せられていない。

一言:水力発電のダムが詰まったという話かと思ったら、違いました。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-19 11:29 | 街角
史上最大の個人情報漏洩
Excite 4千万件の情報流出の危険 米マスターカード
Excite <マスターカード>漏えい分のうち6万8000枚不正使用

遂にと言うべきか、カード社会の危険性が大規模に露呈してしまった。
日本でも使われているクレジット・カードの「マスターカード」の情報が流出、一部が既に悪用されたことが明らかになった。

米クレジットカード大手マスターカード・インターナショナルは17日、金融機関が契約するデータ処理会社のシステムで安全上の問題が起きたため、4000万枚分以上のクレジットカード情報が流出する危険にさらされた可能性があると発表した。
(中略)
 マスターカードによると、金融機関と店舗の間の取引データを扱う会社、カードシステムズ・ソリューションズのシステムに欠陥があったため、第三者がネットワークを使ってシステムに侵入し、個人情報にアクセスした可能性があるとしている。約90%は米国居住者向けに発行したカードとみられる。

外部から不正に情報を入手できる状態が昨年末から続いていたことに、関係者は5月22日前後に気づいたとしており、問題把握に数ヶ月かかっていたこと。そして、カードの枚数の多さが問題を大きくした。

米クレジットカード各社は、「不正使用による損害からはカード利用者は保護される」とアナウンスしており、また、日本の大手銀行は「顧客情報はカード発行会社が管理し、海外で買い物をした場合も買い物履歴は発行会社が管理しており、顧客情報が漏れることはない」と言っている。漏洩カードの9割がアメリカ居住者分であることからも、日本に対する影響はほとんど無いと見られているが、金融機関は確認作業などに追われているようだ。

[P.S.]
<日本信販>マスターカード提携のカード情報が漏洩の可能性」の記事によると、日本信販が「マスターカード」と提携して国内で発行した約6500人分のカード情報が漏えいした可能性があると発表した。但し、こちらの場合も、不正利用されても保険で補償されるため、カード会員に金銭的な損害は発生しないそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-19 09:45 | ニュース
火星の夕暮れ
火星の「青い」夕暮れ…NASAが画像公表 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

火星の空は赤く、夕暮れは青い。地球とは対照的な光景です。米火星探査車スピリットの高解度カメラが撮影した珍しい火星の夕暮れ=NASA提供地上の風景地球の空が青いのは、大気の主成分である酸素や窒素の分子サイズが太陽光を散乱(レイリー散乱)する結果、丁度青い波長の光が散乱され、目に飛び込むためだそうだ。
夕焼けは太陽が斜めに大気に差し込むため、太陽光は大気を長距離に渡って通過するうち、青い光が散乱で取り除かれてしまうためであり、地球の光景は大気が作り出しているとも言える。

火星には地球のような分厚い大気がない。代わりに、舞い上がる砂埃の粒が長波長の赤い光を散乱して大気が赤く見えるという。同様に、夕焼けは赤い光が取り除かれるので、青く見えるという訳だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-19 07:24 | 自然科学
「悪魔払い」で十字架にかけられた修道女が死亡 ルーマニア
Crucified nun dies in 'exorcism'

ブカレスト-23歳のルーマニアの修道女が、明らかに悪魔払いの儀式である十字架に架けられた後、3日間食事無しで冷蔵室に放置され死亡したと、警察が金曜日に発表した。

ルーマニア北東部にあるセント・トリニティ修道院のマリキナ・イリーナ・コルニキは水曜日遅くに死亡した。
警察のミハエラ・シュトラウブは、検死中であると言った。

この修道院の修道士一人と修道女4人が警察に語ったところでは、亡くなった若い修道女は暴力的な振る舞いをしていたため、明らかに食事抜きで十字架に鎖で縛り付けられていたという。

シュトラウブは言った:「彼ら全員、彼女が悪魔に支配されていたので皆で悪魔を放り出そうとしていたと語った。」
シュトラウブによると、修道女は鎖で十字架に縛り付けられ、何も音を発しないようにするためタオルが口に詰められていた。

ルーマニア正教会の地元司教の事務所が調査を開始した。シュトラウブは警察の調査は続行していると語った。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-18 18:50 | ニュース
ベイダー卿にチャレンジするサイト
ダース・ベイダーのフォース。

先日まで話題だったバンダイの人工知能サイトが閉鎖された。
秋には再開されるようだが、それまでお預けというのも残念だ。

と思っていたら、同じロジックらしきサイトが存在した。その名も「THE SITH SENSE」。
ここでは、ダース・ベイダーが登場するや、ユーザーの心を読んでやろうと挑戦してくる。
Prologue
ベイダー卿が喋るのは英語なので、中学高校程度の英語力は必要だが、的確に質問に答えれば、心に思い描いたものをベイダー卿が見通してくれる。
バンダイサイトと違って、BGM付きで雰囲気も楽しめるだろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-18 03:23 | 街角
パパの小遣いにも格差社会
お父さんの小遣い、月4万円台にアップ

アメリカGEグループの個人向け金融サービス部門、GEコンシューマー・ファイナンスの調査によると、日本のサラリーマンの小遣いは月平均で4万0600円となり、去年より2300円増加した。
月平均額が4万円台を回復したのは2年ぶり、前の年より増えたのは5年ぶりで、「景気回復」が家庭にも反映した結果と言えそうだ。

ただ、平均額では上昇したものの、実際には「小遣いが増えた」との回答が5.8%だったのに対し、「小遣いが減った」回答は16%とほぼ3倍
一部の「勝ち組」サラリーマンの小遣いだけが増えているというのが実態、だそうだ。

あなたはどちらだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-18 00:05 | ニュース
夫のいびきに怒った妻逮捕 アメリカ
CNN.co.jp : 夫のいびきに憤慨、ダンベルでたたき起こした妻逮捕

米ノースダコタ州ファーゴ(AP) いびきが大きい夫を起こそうと、ペンで刺したり、ダンベルでたたいたりした女性(45)が16日、暴行容疑で逮捕、起訴された。

地元警察によると、女性は夫のいびきに憤慨し、水を浴びせたが、目を覚まさなかったことから、腕をペンで2回刺した。しかし、夫がすぐにまた寝てしまったので、今度は重さ約1.5キロのダンベルで殴ったという。

夫が明け方4時ごろ、近くのコンビニエンスストアから警察に通報した。

夫には、ペンで刺されたとみられる「新しい刺し傷が2個所」あったが、ダンベルで殴られた外傷はみられず、治療の必要はないという。また、過去の睡眠中に負ったという引っかき傷も、肩や腕などに見付かった。

女性は、拘置所で過ごすことになったが、警察は「夫はぐっすり眠ることが出来るだろう」と話している。

一言:拘置所の方が、妻もぐっすり眠れたことでしょう。
それにしても、夫のいびきに悩む妻というのは各国共通のようですが、日本ではさっさと寝室を分けたりするので、その点は問題化しないのかもしれません・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-17 21:53 | 街角
高度IT技術者が不足する?
asahi.com: 高度なIT技術者の育成急げ 経団連が危機感抱き提言
シグマ計画/(コ)の業界のオキテ

経団連が日本の情報サービス業の未来を心配している。「国際競争力は極めて低位にあり、国際競争力を身につけなければ、日本の情報サービス産業の未来はない」そうだ。
日本のソフトウエアの輸出入額は大幅な輸入超過(2000年は約9千億円)で、この状況を改善するには、毎年1500人程度の高度なIT技術を持つ新卒者を育成する必要がある、と経団連はいう。

日本の場合、ソフトウエア業界に就職する学生の中には文科系の卒業生も多いほか、工学系の卒業生でも開発に役立つ技術や知識が不足しているという。経団連の調査によると新卒者のうち、IT技術者として即戦力となれるのは1割で、就職後に社内の研修を受けても業務に従事できない人材が約2割に達した。

 世界的にもソフトウエア技術者の不足は深刻で、中国では産学連携を進め、35大学に全体で3万人規模の「ソフト学院」が設立されたり、韓国でも800人規模の情報通信大学が設立されたりしている。

だが、ちょっと待て、と私は思う。教育の重要性は間違いないものの、似たような状況がかつて無かっただろうか。思い出されるのが、バブルを迎えようとする昭和60年頃に当時の通産省(現在の経済産業省)が打ち出した国家プロジェクト「シグマ計画」だ。「1990年には60万人のソフトウェア開発技術者が不足する」と発表したおかげでプログラマー志望者はかなり増えたようだが、その後の経過を見ると過大な宣伝文句に業界が踊らされたというものだ。結果として、「1995年には60万人の無能なソフトウェア開発技術者が余った」という事態を招いてしまった。
今日のソフトウェア業界の非効率性の一端は、この時の大量採用によって「プログラム開発は人海戦術」的発想が業界に根付いたこととも関係していると思わざるを得ない。

顧客側にも問題はある。開発に要した人件費しか支払おうとしないため、効率の良いソフト開発にはお金がなかなか流れない。

そして、もっと根源的な問題を挙げるなら、情報戦略が日本に無いという点を問題視すべきだろう。アメリカの国を挙げてのプロパテント(特許重視)戦略のような視点もなく、韓国や中国、インドの人件費の安さに追い上げを食らい、日本が目指すべき道はどこなのか。見極めている人は少なかろう。
全力で突っ走った先に、崖っぷちが無いことを祈りたい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-17 21:18 | ニュース
外国人コンプレックス 韓国
朝鮮日報:「呆れる人種差別」 恥ずかしい韓国人

韓国社会には白人に対するコンプレックス、ひいては有色人種に対する偏見が根強く存在するという指摘がある。
日本にも無いとは言い切れないが、ここまであからさまな偏見は存在しないだろう。
金ヘソン牧師は韓国人は今だに白人を見ると『お茶でも飲みませんか?』と言い寄って英単語のひとつでも覚えようとするが、有色人種に対しては単刀直入に『いくら稼いでいるんだ?』と聞くなど軽く見ている」と指摘した。

国際化の過程ではある程度あり得ることかも知れないが、既に21世紀の今日、偏狭なナショナリズムから生まれる差別心は、心から恥ずかしいと思うべきだろう。

関連?:Yahoo!ニュース - 共同通信 - 当初は雇い主の子供狙う 平手打ち恨み事件計画
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-17 20:22 | 街角
デモ隊が政府庁舎占拠 キルギス
ロイター:キルギス首都でデモ隊が主要政府庁舎を占拠、大統領代行辞任を要求

3月にアカエフ大統領が亡命、政変が起きたキルギスで、大統領代行に就いたバキエフ氏の辞任を求めるデモ隊が政府庁舎に突入した。

[ビシケク 17日 ロイター] キルギスの首都のビシケクで、バキエフ大統領代行の辞任を求め、約150人のデモ隊が主要政府庁舎を占拠した。
 ロイター通信の記者によると、警察はデモ隊が建物に入るのを阻止しなかった。

 政府関係者は政府庁舎から脱出。ある警備員によると、バキエフ大統領代行は庁舎内にいないという

3月の政変時にもデモ隊が政府庁舎に入り込んだが、その時もデモ隊は阻止されていない。怪我人等が出ないのは良いことだが、キルギス政府の治安維持能力には問題はないのだろうか。

参考:【暫定政府が発足 キルギス
参考:【大統領辞任求めデモ キルギス
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-17 20:11 | ニュース
Top