<   2005年 05月 ( 184 )   > この月の画像一覧
11歳の少女が妊娠、出産へ ロシア
X51.ORG : 11歳の少女が妊娠、出産へ ロシア
11-year-old Moscow girl is with child, her inamorato is twice her age - PRAVDA.Ru


ヴァレンティナ&ヴラディク11歳という低年齢で妊娠し、出産しようとしているモスクワの少女がいるが、いろいろな問題がありそうだ。彼女の生い立ちも影響しているかもしれない。1歳の時に母親が家を出てしまい、8歳の時には父親が死亡。ずっと祖母に育てられてきた彼女は寂しかったのかも知れないと考えてしまった。そんな彼女は、3年前に隣に引っ越してきた少年に一目惚れしてしまう。

少女の年齢が11歳と低すぎることに加え、彼女にはアレルギーなど健康上の問題もあるという。医師によれば、「彼女はまだ、精神的にも肉体的にも出産に耐えられるとは思えません。妊娠という経験は彼女の幼い身体にとって、とても大きな負担となっているはずです。それに彼女は肝臓に問題があるんです」とのことだ。
そして、ロシアで結婚が認められる年齢が18歳であることから、十分な親権も持てないことが指摘されている。親権も不十分ながら、それ以前に、彼女はまだ小学生だ。

少女の交際相手の少年についても、当然、疑問だらけだ。相手は、当初、14歳と自称していたが、実は22歳らしい。ウズベク移民の彼は、14歳の弟の出生証明書を警察に対して見せている。訳ありなのか。

こんな二人の関係を支えるキーパーソンとなるのは、彼女の祖母しかいない。
少年は「補償」として、祖母に毎月の支払いをしているが、これによって祖母の収入は倍増したらしい。そして、そのせいかどうかは分からないが、祖母は少年に親切だし、少年が泊まりに来ても口を出さないという。インタヴュワーは、ここに一抹の疑念を抱いているようだが、まさか・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-28 22:50 | 街角
バイアグラで失明の危険性
MSN-Mainichi INTERACTIVE アメリカ
TUFニュース速報
Excite エキサイト : 国際ニュース


米食品医薬品局(FDA)が、性的不能治療薬バイアグラの服用者の一部に深刻な視力障害が出ているとの報告に関して調査を始めた。38人の症例報告があるが、服用者2300万人に対して極めて少ない件数であることから、製造元のファイザーは関連を疑問視する声明を出している。

障害は「非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)」と呼ばれ、視神経に血液が流れにくくなって突然視力が低下、ひどい場合は失明する。50歳以上で高血圧や糖尿病があると発症のリスクが高いという。

27日のニューヨーク株式市場では、今回のニュースからファイザー株が売られて1.9%安となった。

ところで、アメリカではバイアグラが保険で買えるが、性犯罪者にも保険適用でバイアグラが売られていたことが判明、批判が噴出している。
今後は保険が利かなくされるそうだが、性犯罪者らが失明すれば平和になるのに、等と思ったりもする。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-28 21:57 | ニュース
「ブログおそおそランキング」

ライブドアニュースが、ブログニュースを開始した。
ライブドアはブログ・サービスに力を入れており、ライブドア・ブログの使い勝手はなかなかの評判のようである。残念ながら私自身はライブドア・ブログは使ったことがないのだが、各種のブログ人気投票では上位に来るようだ。

実は、私がライブドア・ブログを選ばなかったのは、この人気故である。昨年の時点で、「ライブドアブログは重い」という話を小耳にしていたからだ。そこへ、元々IDを持っていたExciteがブログ・サービスを開始していたことに気が付いたので、Exciteブログを開始するようになった次第だ。

その後、ヤフージャパンがブログに参入するなど、状況は変わってきたと思ったので、改めてブログの評価を見てみようと思った。一番気になるのは、やはりレスポンス、表示速度である。思い立った時に更新したい方なので、管理も軽い方がよい。そう思いながら、実際に無料ブログを使って比較するというサイトを覗いてみた。
c0026624_2491385.jpg
知らなかったが、Exciteブログは最も軽いという結果が出ていた。これは嬉しかった。当たりだ、と思った。これからもExciteブログを使い続けようと思う結果だった。(よいしょ、と。

2位につけたライブドア・ブログも僅差で健闘している。努力して重さを改善したと見るべきなのだろう。スピードを改善し、コンテンツも充実させようとしているライブドアは、評価したい。だが、個人的にはExciteの方が使い勝手がよいと思う。
ライブドアはベリタ通信をニュースに使うなど、マイナーな情報も載っている点は評価できるが、今日、ニュースソースの一次情報・二次情報に接するのはそれほど困難ではない。見るだけだったら、それが何処のニュースやブログでも気にならない。だが、自分が使うブログは手軽・高機能であって欲しい。そう考えると、個人のTBも見られるExciteニュースや、画面切り替え無しでコメントを書き込めるExciteブログは便利この上ない。

私がExciteブログを使い続ける限り、Exciteブログは今後も一番の評価を得られるように頑張って欲しいと願うばかりである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-28 03:03 | ニュース
通りで日光浴し、逮捕 ウクライナ
Ananova - Businessman lay down in street to sunbathe

ウクライナで、ビジネスマンが往来の激しい通りのど真ん中でスーツを脱ぎ、日光浴をしようと寝ころんで逮捕された。

ドミトリー・ニコライエフ(30)は彼を逮捕した警察官に対して交通妨害をした理由を、単純に、仕事するには勿体ないような良い天気だったから、と答えた。

彼がレフ・トルストイ広場でパンツ姿になり、横たわっている約1時間の間、何十人ものドライバーが車を止めて彼を見た。

彼は傍らにきちんとスーツをたたんで目をつぶり、彼の周囲を歩く人々には気づいていなかった。

一言:そういう日があるのは、よく分かります! が、場所は選びましょう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-28 00:01 | 街角
トイレット・ペーパーの危機 フィンランド
Ananova - Finnish loo roll crisis

フィンランドでは製紙工場のストライキにより、トイレットペーパーが絶望的なほど品薄になっている。

何処の店でもトイレット・ペーパーは売り切れ、人々は買いだめに走った。

ヘルシンキにあるある店の経営者は言った:「もう何日も売り切れですし、まれに新品が入荷しても棚に並べるが早いか、売り切れてしまうのです。」

4週間に及ぶストライキで、行楽旅行に行くフィンランド人達は、土産物ではなくトイレットペーパーで鞄をいっぱいにして帰ってくるようになった。

一言:石油危機によるものではないので、、早く解決することを祈ります。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 23:43 | 街角
決闘は罪
Excite エキサイト : 社会ニュース

日本には決闘罪がある。そのことが知られていないのか、再び中学生・高校生等が決闘罪と傷害罪の疑いで逮捕された。
格闘技K-1に憧れを持っているという東京都内と横浜市内の15~17歳の少年らが、バイクの売却を巡るトラブルに決着を付けるため、自分達で勝手に作ったルールに基づき、公園で2人ずつ6組が順番に決闘。1人に頭や腕に2週間のけがを負わたという。

これに先立つ3月頭にも、東京都国立市の中学生および中学卒業生が野球場で決闘を行い、決闘罪で逮捕された。合意が有れば決闘も構わないと思い込んでいる若者が結構居るようだ。これは、無知もさることながら、なんでも自分たちの力で決め万能感を得たいという気持ち、あるいは、決闘がカッコイイという思い込みが背景にあるのだろうと思う。
そうした誤解を持たせないためには、大人が子供達を大事に思っていること、普段から子供達がかけがえのない存在なのだというメッセージを発信することが重要なのではないかと思った。

関連:【中学生、決闘罪で逮捕
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 20:24 | ニュース
原子力携帯電話 アメリカ
Yahoo!ブログ - 世界メディア・ニュース
cellular-news | a leading wireless telecoms news and information portal

エネルギーとしての原子力は、潜水艦や人工衛星など、小さなものにも応用されているが、ニューヨークのロチェスター大学では携帯電話への応用を研究中というニュースがあった。
ロチェスター大学が開発しているに新しいバッテリー技術は「Betavoltaics」と呼ばれ、ソーラー・パネルが太陽から光子を捕らえて、それらを電流に変えることと同様に、「Betavoltaics」の科学は電流を形成するために三重水素などの放射性ガスから放たれた電子を捕らえるのにシリコンを使用している。

そのうち、一生電池の交換や充電が不用の携帯電話が出て、携帯電話で被爆する人も出る可能性があります。

現在の携帯電話も電磁波による人体への影響がまだ議論されているのに、いくら電池が10年持つからと言って、アルファー線まで浴びるのはイヤだと思うのだが・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 17:50 | ニュース
アムネスティ年次報告書2005
Amnesty International Japan-アムネスティ・ニュース - アムネスティ年次報告書2005:危険に満ちた新たな政策

アムネスティ・インターナショナル(AI)が、2004年の世界の人権状況をまとめた年次報告書を発表した。各国の厳しい状況が描かれているが、今回の報告書で最も強調されているのは、世界を牛耳る超大国アメリカの政策と、無力な国連への批判だ。
そして、人権迫害が指摘されるその他の国々の場合でも、各国政府の無力というよりも、政府自らが人権の積極的侵害に荷担している点に置いて、多く共通点が見られる。

プレス・リリースでも名前が挙げられている国は少なくない。
  • ダルフール問題を抱えるスーダン
  • ハイチ共和国のトップによる人権侵害
  • コンゴ民主共和国東部での武装組織の活動
  • アフガニスタン
  • イラク
  • チェチェン問題でのロシアの対応
  • ジンバブエ政府が意図的に作り出した食糧危機
  • 国際司法裁判所の見解を無視するイスラエル

    だが、個別の国や地域に注目するほかにも、テロリズムとの戦いという世界的に広く見られる行為の中で、国家権力による人権侵害・迫害も蔓延してきたことを大きな問題としてアムネスティは指摘している。
    武装集団が新たな段階の残虐行為を行なうようになるにつれ、政府は人権に背を向け、すさまじくなる一方の「テロ」行為を行なった。」というように、今日では、相手側の暴力行為は何でも「テロ」と呼ぶことが流行しているかのようだ。

    新たな方針や、「環境操作」、「ストレスを加える姿勢」、「知覚操作」などといった管理紛いの用語を振り回すことで、拷問の絶対的禁止を回避しようという米国政権の姿勢は、世界が共有する価値に最も害を及ぼすものだった。

     米国政権は自由と正義という言葉を繰り返しているが、その言葉と現実との間には大きな開きがある。これは、イラクのアブ・グレイブ刑務所で米兵が被拘禁者に行なったすさまじい拷問や虐待について徹底した独立調査を行なわなかったことや、上官らの責任を問わなかった点に如実に表れている。

     「政治的、軍事的、経済的に他の追随を許さない超大国として、米国は、世界中の各国政府による行動規範を定めている。世界で最も強力な国家が法原則や人権を無視すると、他の国家が虐待行為を行なってもその責任を問わず、容認することになる」と、アイリーン・カーンは述べた。

    アムネスティの指摘は、アメリカのブッシュ政権にとっては、どこ吹く風だろう。
    それは、アムネスティが言うように、大国の遵法意識が低下しているためだ。そして、そうした考えが世界に輸出されていることへの自覚と反省が政権に無いことも指摘通りなのだが、民主国家であれば、政権の姿勢を変えられるのも民衆でしかない。
    自分たちの政府が何をしているかを監視するのは、民主主義国家における国民の役目なのだから。
    [PR]
  • by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 17:36 | ニュース
    グァンタナモ基地司令、「不適切な扱い」を確認
    Excite エキサイト : 主要ニュース

    キューバのグアンタナモ米軍基地のフッド司令官は26日、米軍はこれまでに「(イスラム教の聖典)コーランの不適切な扱い」を5件特定したが、コーランがトイレに流された事実を示す信頼できる根拠は見つかっていないと明らかにした。

    コーラン問題に火を付けたニューズウィーク誌の記事が誤報(未確認情報)であると発表され、米軍が内部調査をしていた結果がこのような形で発表された。アメリカ軍がグァンタナモ基地内で何をしているか、様々な憶測や証言が飛び出しているが、人権団体アムネスティが非難しているようなことは誰もが確かだろうと考えている。アメリカ政府のこれまでの無責任振りが、報道を否定すればするほど信憑性が落ちる結果を招いている。
    今回の報告は2002年8月作成のもので、それまでのコーランの「不適切な取り扱い」が報告されただけで5件有ったことが伝えられた。これを聞いただけで、「少なくとも5件」と皆が思うだろう。
    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 16:58 | ニュース
    「日本地球惑星科学連合」、24学会が設立
    Excite エキサイト : 社会ニュース
    asahi.com: 地球惑星科学連合設立 24の学会が-サイエンス

    日本国内の24学会が連合し、日本地球惑星科学連合(Japanese
    Union of Earth and Planetary Sciences)(略称JUEPS、ジェップス)が25日、設立された。
    会則(案)には、学会の目的がこう書かれている。
    地球惑星科学コミュニティーを代表し,国際連携及び社会への情報発信,関連分野の研究発表,情報交換を通じて,学術の発展に寄与することを目的とする.

    日本の地球科学分野の学会は、アメリカやヨーロッパに比べると学会の規模も活動も目立たないように感じるかもしれない。G-Netの言葉を借りると、「世界的には地質学者の地位は高いのに、日本での立場は土方以下の状況にあり、この現実が悲しい。日本の科学に対する理解の未熟さを痛感していて、少しほっとする話題」だろう。

    学会同士の横のつながりを持ち、防災、地球環境、資源などで、政策提言するなどは良い動きだと思う。取り敢えず、7月には地学教育に関する提言をまとめたいとしている。
    この日本地球惑星科学連合への参加学会は、以下の通り。
    日本応用地質学会
    日本海洋学会
    日本火山学会
    日本岩石鉱物鉱床学会
    日本気象学会
    日本鉱物学会
    日本古生物学会
    資源地質学会
    日本地震学会
    日本水文科学会
    水文・水資源学会
    日本雪氷学会
    日本測地学会
    日本第四紀学会
    日本地下水学会
    日本地球化学会
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    日本地質学会
    日本地理学会
    日本粘土学会
    日本陸水学会
    日本惑星科学会

    [PR]
    by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 15:25 | ニュース
    Top