カテゴリ:医療・健康( 52 )
(再開しました)
夏風邪でダウンしておりましたが、体調も大分良くなりましたので、ブログ更新を再開します。
この間、お見舞いコメント頂いた方、どうも有り難うございました。
この場にてお礼に代えさせていただきます。

現在、ウイルス性の「夏風邪」が流行っているそうですが、ダウンの原因はやはり夏風邪でした。
特徴は(1)熱、頭痛(2)消化器系の不良、下痢(3)咳、嘔吐 だそうです。
私の場合は(1)(2)が強く表れました。市販の風邪薬を飲んで様子を見ようとしたら、症状が進んで自力で病院へいくことができなくなりましたが、処方薬を飲んだらさすがによく効きました。
夏風邪も冬風邪と同じものだとのことで、侮るべきではありません。

しかし、聞いてみると、家族にも症状は弱いながら夏風邪を引いている者がいたことが判明。
当人は病院へ行くことも、薬を飲むことも拒んでいますが、自分が健康に見えるからと言って、他人に迷惑を掛けていることに気付いていないのだと思います。
皆さんにも、夏風邪を引いたら早めに病院へいくよう、お勧めします。

参考:ためしてガッテン:過去の放送:撃退! 夏かぜウィルス
参考:ためしてガッテン:過去の放送:ガン予防! にんにく健康術
今回の病院:山本医院
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-16 12:29 | 医療・健康
(本日休業)
生ニンニクを食べ過ぎたせいか、胃がムカムカする、と思っていたら夏風邪でした。
体も頭も痛いので、本日はブログを休業します。

関連:【風邪とビタミンC
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-13 00:30 | 医療・健康
風邪とビタミンC
PLoS Medicine: Vitamin C for Preventing and Treating the Common Cold

ビタミンCに風邪の予防効果はほとんどないが、風邪を引いている期間の短縮効果はありそうだ。

オーストラリアとフィンランドの研究者が、アメリカの医学誌PLoS Medicineに発表した研究によると、彼らは1940年から2004年までの間に発表されたビタミンCの効果に関する55の研究結果を分析した。これらの研究では1日最低200mg以上のビタミンCを投与し、偽薬を与えたグループと比較していた。
その結果、風邪予防の効果は一部を除いて見られなかった。ただ、風邪を引いている期間は短くなり、短縮効果は大人で半日、子供ではもう少し長めであったそうだ。

風邪を引いてからビタミンCを摂る、という摂り方でも役立ちそうと思える話である。
Mansikka

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-11 16:16 | 医療・健康
身長と自殺率の関係 スウェーデン
Short men lean towards suicide

ストックホルム-スウェーデンの研究者は金曜日、この国の男性の身長と自殺の間に関係があることを見いだした。

アメリカ精神医学ジャーナルの発行紙の中でストックホルムのカロリンスカ研究所が発表したところによると、「自殺は身長の低い男性の間で、より多く見られます」。

「身長が5cm増加すると、自殺の危険性が9%低下します。」

「背の低い男性は高身長の男性の2倍の自殺の危険性があります。」と研究は示しているが、この研究結果は女性や高齢者には当てはまらない。

研究は1950年から1981年の間に生まれたスウェーデン男性の80%をカバーしているが、自殺のリスク増加の理由について細かな特徴は示されていない。

研究は、背の低い人々は背の高い人々よりも精神病に掛かりやすいかも知れないことを示唆している。

また、社会で最も恵まれていない人々と自殺傾向のある人々の背が低いことから、社会階級との関連もありそうである。

関連:【1歳児の発育が将来に影響 フィンランド
関連:【美人はお得
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-02 22:45 | 医療・健康
脳の老化防止に葉酸が有効
CNN.co.jp : 脳の老化防止に葉酸が有効 オランダの研究

脳の老化を防ぐには葉酸を多く摂取するのが良さそうだ。
オランダの研究チームが男女818人を対象に行ったサプリメントの試験で、イチゴ1キロに相当するサプリメントを毎日1錠与え続けたところ、3年後の記憶力の検査で、実年齢より平均5.5歳も若い人たちと同等のレベルを維持したという。同様に、認知速度でも平均1.9歳若い人たちに並ぶ成績だったということだ。

記憶力ではむしろ若返っているという、素晴らしい実験結果だ。美白効果も期待して、毎日イチゴを食べてみようかと思う。

尚、葉酸は特にオレンジやイチゴ、ほうれん草など濃緑色の葉もの野菜、大豆などに多く含有されているそうである。

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-29 12:32 | 医療・健康
薄毛は女性ホルモン減少が主因
LION-発表資料-“女性ホルモン”の減少も「女性の薄毛」の引き金に!
女性の薄毛:要因は更年期に伴う女性ホルモンの減少…?

女性の薄毛は男性と違って、更年期に伴う女性ホルモンの減少が大きな要因だという研究を、ライオンが実験で確認した。15日から東京都で開かれる日本基礎老化学会で発表する予定。

実験によると、発毛を促進するタンパク質「BMP」は、毛乳頭細胞に女性ホルモンを加えると増えることが判明。「女性ホルモンの減少を防ぐことで、女性の薄毛のかなりの部分は防げる可能性がある」そうだ。

尚、元々女性ホルモンが少ない男性のBMP減少は仕組みが別だとのこと。

関連:【薄毛は母方から遺伝
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-13 23:09 | 医療・健康
ES細胞、ハーバード大が承認
ハーバード大が「ヒトES細胞」承認…米政府に反旗 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
クローン技術応用、患者のES細胞作製…米韓チーム : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

倫理面から問題があるとして、ブッシュ政権が一律禁止を求めているES細胞(胚性幹細胞)の作成を、ハーバード大学が条件付きながら承認していたことが連邦議会の調査資料で明らかになった。


ES細胞の研究は、先月、米韓の研究者が効率的なES細胞作成方法を開発し、研究に弾みがついているところだ。韓国では開発に成功した学者を国宝だと持ち上げ、研究者が襲われないように警備すると言い出すほど、期待が掛かる研究分野である。

今年、ハーバード大学の倫理委はES細胞作りを「医療の進歩に貢献する」と評価し、以下の条件を満たした場合にES細胞を作れるという指針をまとめた。
  1. クローン胚を一定期間以上成長させない
  2. 妊娠させない
  3. 胚作製用の卵子提供女性に医療費以外の報酬を支払わない
  4. 実行時は、通常の臨床試験の審査を行う学内委員会の許可を得る
日本では、総合科学技術会議・生命倫理専門調査会がクローン胚からのES細胞作りについて基礎研究のみ認めているものの、まだ研究指針の策定作業中だという。
ハーバード大学と東京大学は共同研究もしており、日本の指針の早期策定が求められそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-13 16:18 | 医療・健康
薄毛は母方から遺伝
asahi.com:はげは母方から遺伝 独の研究チームが有力遺伝子発見
資生堂:HPに「薄毛は子孫も迷惑」 抗議殺到、おわび

先日、「薄毛は子孫も迷惑です」などというCMを流した資生堂がクレームを寄せられ、CMを撤回する騒ぎがあったが、これまた物議を醸す(かもしれない?)研究結果が発表された。
ドイツのボン大学の研究チームによると、薄毛の男性が母親から受け継ぐX染色体上にある男性ホルモン受容体遺伝子に変異が認められたという。

男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父がはげていれば、自分もはげる可能性がある。ただ、研究チームは「ほかにもはげの遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としている。

この説が正しいとすると、先に騒がれた資生堂のホームページの図は、別の意味でも適切ではなかった、ということになろうか。


関連:【薄毛は女性ホルモン減少が主因
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-13 13:50 | 医療・健康
マールブルグ病のワクチンを開発
CNN.co.jp : エボラ出血熱、マールブルグ病のワクチン開発 米加

アフリカを中心に被害が出ているエボラ出血熱マールブルグ病について、医学誌ネイチャー・メディシン最新号で、米国とカナダの研究者がワクチンを開発したと発表した。ネズミとサルを使った実験で成功しており、人間にも効果がある可能性が非常に高いと主張している。
今後、ワクチンの効果や安全性を確かめ、安定した生産体制の確立を目指すとしている。

マールブルグ病は感染力も致死率も高く、感染が拡がっているアフリカ中央部では、患者を隔離しようとしても家族の抵抗で感染予防が厳しい状況にあったため、ワクチン開発は強く望まれていた。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-08 12:30 | 医療・健康
酒好きにはミカンを
ミカンに肝障害予防効果? 果樹研が静岡で住民調査

ミカンを多く食べると肝機能障害動脈硬化の予防に役立つ可能性があることが、果樹研究所(茨城県つくば市)などの調査で8日までに分かった。
これは温州ミカンの産地、静岡県三ケ日町の町民1073人を調べた結果分かったという。
ミカンに含まれるベータ・クリプトキサンチンの血中レベルが高い人ほど、γ-GTPの値が低かったそうで、γ-GTPが高くて悩んでいる人には朗報かもしれない。

尚、オレンジではなく、ミカンである点は重要だ。ベータ・クリプトキサンチンの量が10倍も違うそうである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-08 09:57 | 医療・健康
Top