カテゴリ:ニュース( 669 )
体臭バンク」設立 中国

Yahoo!ニュース - ロイター - 中国で犯罪捜査のための「体臭バンク」設立
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-03-16 23:01 | ニュース
東証、ライブドアの上場廃止を決定
NIKKEI NET:東証、ライブドアなど上場廃止を決定・4月14日付で

東京証券取引所は13日、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者らと法人としてのライブドアが証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で証券取引等監視委員会に告発されたことを受け、同社株を上場廃止にすると発表した。関連会社のライブドアマーケティング(旧バリュークリックジャパン)株についても上場廃止を決定。両銘柄は14日から投資家に周知するための整理ポストに移し、1カ月後の4月14日に上場を廃止する。


告発された時点でライブドアの上場を廃止するとの方針をかねてから発表していた東証。
その時から上場廃止は時間の問題で、最近のライブドア株価は十分の一にまで値下がりしていたが、今日の告発を受けて正式にライブドアの上場が廃止されることに決定した。

これまで、ライブドアの株に踊らされた人も世間には大勢いるようで、中にはライブドアを訴える構えの株主もいるようだ。業績に関する虚偽の発表を株取得の根拠にしていた人たちの一部のようだ。
株取引は基本的に自己責任とはいえ、このような場合は株主側が詐欺にあったと考えられるし、ライブドア株に老後資金を注ぎ込んでしまったようなケースでは特に、諦めきれないというのも分かる。

しかし、ライブドア株が東証を降り去っても、日本経済復活の潮流は他の銘柄も担っている。ライブドア役員逮捕直後から下がったTOPICSも、3日過ぎたら反発が起きたのは良い兆候であった。ホリエモンの伝記が書かれたら、これも是非書き加えたいエピソードだと思った。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-03-13 21:56 | ニュース
ミロシェビッチ元大統領死去
NIKKEI NET:ミロシェビッチ元ユーゴ大統領が死去・オランダ拘置所内で


[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-03-11 22:42 | ニュース
ICタグを人体に アメリカ
NIKKEI NET:社員の体内にICタグ・米社の個人認証めぐり論議

小型化するICタグ商品の物流、販売管理などに大きく貢献するようになったICタグ。様々な情報を書き込むことが出来て便利だが、これを人体に埋め込み、社員の管理に使う企業が登場した。
オハイオ州のシティーウオッチャー・ドット・コム社で、従業員のうち2人の腕に粒状のICタグを埋め込んだという。この社員は、政府や警察の依頼で撮影した監視カメラの映像を保管する部屋に入れる資格を持つ社員で、ICタグにより資格を識別するそうだ。

会社側は入退室を管理する「IDカード代わり」と説明しているが、プライバシー保護の観点などから論議を呼びそうだ。

小さなタグは人体に埋め込むのも簡単だろうが、一度埋め込んでしまうと取り外しにくいだろうから、ICタグが氾濫する社会では本人が望まぬうちにICタグの情報を読み込まれる恐れが出てくるだろう。
個人の認証が必要なら、静脈パターンや指紋認証など、接触型の認証システムの方がベターではなかろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-02-14 01:16 | ニュース
香港ディズニーランドが入場制限
春節で香港ディズニーに客が殺到…一転、入場制限 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

昨年9月にオープンした香港ディズニーランド。開園以来、客足が伸びずにいたが、中国の正月である春節(1月29日~)以降、連休を利用した入園客が殺到。今月1日、2日には入場制限を行うことになったという。

「子供たちをがっかりさせてしまったことは十分承知しているが、園内の安全確保に必要だった」――。4日、記者会見した香港ディズニーランドの経営責任者ビル・アーネスト氏は、入場制限措置をとったことについて時折涙で声を詰まらせながら弁明した。開業後初の春節とあって、客の動向を把握しきれなかったという。

私の勝手な予想だが、中国の交通事情がこうした動向を招いている可能性を考えた。大型連休でないと楽しめない、との判断が普段の客足を遠のかせ、春節に予想外の客足となって現れたのではないだろうかと思う。将来、中国に高速鉄道が整備されれば、極端な入園者数の増減はなくなるのではないだろうか。

参考:【入場は7割止まり 香港ディズニーランド
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-02-05 20:11 | ニュース
世界への好影響、日本がトップ
BBC Poll: Attitudes towards Countries
Excite エキサイト : 世界に「好影響」日本1位 ワーストはイラン、米国

昨秋、BBCとメリーランド大学が共同で行った世界33カ国4万人の世論調査によると、8カ国中、世界に最も良い影響を与えている国は日本、という調査結果がまとまった。反対に、悪影響だとする意見が良い影響だとする意見を上回ったのはロシア、アメリカ、イランであった。
世界における国家の影響力アメリカは昨年の調査でワースト1であったが、今年は核査察問題で強硬姿勢を取るイランに批判が集まったものと思われる。

さて、日本に対し、「どちらかというと否定的な影響の方が多い」と回答した2国はどこかというと、それは、最近政治的関係が冷え込んでいる中国と韓国である。それ以外の国では日本への評価が高い。日本に対する各国の評価
各国への関わりが多い点では、アメリカやロシアも日本と同じように高評価につながりそうだが、そうはなっていない。それは、関わり方の内容が異なるからだろう。
記事では評価の理由について明らかにしていないが、覇権国家はしばしば武力による問題解決をためらわない。一方、日本は(憲法制約もあって)そのような態度は取ってこなかった。商業面について見ても、日本人ビジネスマンの優秀さ・勤勉な態度が資源小国日本を長年支えてきた。こうしたことが日本への「信頼」に結びついているのだとしたら、誠に喜ばしいことである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-02-04 14:59 | ニュース
議員年金問題、骨抜きに
議員年金廃止法案、衆院委可決…「選択制」民主が批判 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

年金問題が一つの山場を迎えている。それは国会議員の議員年金の問題である。
国会議員互助年金(議員年金)制度を3月末で廃止する議員年金廃止法案(与党案)が、27日の衆院議院運営委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。

 2月上旬の参院本会議で成立する見通しだが、今後も年金受給を選択できる仕組みであるため、民主党は「議員年金が実質的に残ることになる」と批判している。

 民主党は、現職議員が年金受給できる選択肢をなくし、<1>現職議員にはこれまでの納付額から50%カットした額を返還<2>議員OBへの給付は30%削減――との内容の独自案を国会に提出していたが、27日の衆院議運委で否決された。

 議運委では、民主党が「年金受給が継続し、廃止の名に値しない」(笠浩史氏)と与党案を批判した。与党側は「年金受給の権利を奪うことは、憲法が保障する財産権の侵害に当たる。訴訟が起きた場合に耐えられない」(自民・鈴木恒夫氏)と反論した。

年金の統一について、野党は国民年金と厚生年金、共済年金とも一本化するように主張していたのに対し、与党は(統合が難しそうな共済年金を除いた)国民年金と厚生年金の一本化だけを目指すよう主張していた。技術的な問題点があるにしても、目指す先は年金の一本化であって欲しかった私としては、残念な話であった。

だが、議員年金まで特別扱いしようというのは、残念どころの話ではない。議員年金などは本来、国民年金でカバーすべき部分だろう。国会議員というのは「代議員」であり、国民の代表として国会へ行っている訳だ。それが特定の職業として捉えられることが、そもそもおかしいと思う。
外国の国会議員の場合は、普段の職業を議員とは別に持っていることも珍しくない。フィンランドを例にすると、代議員として長期間は勤めない(通常2期程度)のが慣例で、その間の歳費も通常の職業収入との差を埋めるためのものとして支払われているだけである。だから、国会議員が偉いなどという感覚は国民にはない。日本はその反対である。代議員を務めたら、その後に普通に就職することが出来ないと思っている。だから議員年金などというものにもすがりたくなるのだろう。
だが、それでは多くの国民と同じ立場に立っての年金改革議論ができないのではないか。
 与党案では、現職議員が受給継続を選べば死亡するまで受給できるため、より多くの金額を受け取ることが見込める。自民党では、「反対している民主党も含め、ほとんどの議員が受給継続を希望するだろう」という見方が出ている。

お手盛りの改革姿勢は、さっさと辞めるべきである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-28 23:24 | ニュース
有効求人倍率が1倍台に回復、13年ぶり
有効求人倍率、13年ぶり1倍台回復 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

昨年は日本経済の回復振りが喧伝された1年だった。それは企業業績回復や株価の上昇を中心とした経済面に現れていた訳だが、経済の回復を実感できないという声も消えてはいなかった。それは家計収入など、国民生活の回復の遅れに現れていた。昨年、家計支出がやっと増加に転じはしたが、一方で貯蓄額は最低に落ち込むなど、依然として国民生活が厳しい状況は続いている。

そんな中で、明るい兆しがまた一つ現れた。求人倍率の1倍台への回復である。厚生労働省の調べによると、昨年12月の有効求人倍率が1倍台に戻ったそうだ。
有効求人倍率は公共職業安定所で扱う求職者1人に対する求人数の指標。倍率が大きいほど就職に有利な状況を意味する。バブル経済崩壊後の92年10月に1倍を切ってから下落が続いたが、99年5、6月に0・46倍で底を打った後は回復傾向に入り、05年11月は0・99倍だった。
勿論、全国平均であるから地方によって差はあるし、年齢層や産業別にもばらつきはある。また、正社員とパートタイム労働者などを全て合わせた数字であることもお断りせねばなるまい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-28 21:25 | ニュース
ハマスが圧勝 パレスチナ議会選挙
Palestinian Leader to Ask Hamas to Form a New Government - New York Times

パレスチナの議会に当たるパレスチナ評議会議員選挙が数年振りに行われ、主流派ファタハの腐敗等への反発から、イスラエルとの武装闘争を掲げているハマスが大幅に得票した。これを受けて、パレスチナ自治政府のアッバース議長はハマスに組閣を呼びかけた。

ハマスは住民への医療・福祉などに注力して支持を集めているが、党綱領の中ではイスラエルとの武装闘争を謳っている。このため、イスラエル政府やアメリカ政府はハマスが自治政府入りした場合には交渉を拒絶すると声明を発表している。また、シャロン首相が欠けたイスラエル政府のリーダーシップにも陰りが見えており、中東和平のプロセスには暗雲が漂い始めたと言える。

希望的な要素としては、イスラエル国民の48%がハマスとの交渉を希望していることと、ハマス自身も今回の選挙戦中に武装闘争を前面には押し出してこなかった点だろう。
わずかな希望ではあるが、ここから始めるしかない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-28 01:19 | ニュース
危険な密造酒造り ノルウェー
Moonshining boom - Aftenposten.no

ベルゲンのフィリングスダーレン地区にある連棟住宅で爆発事件が起きたが、その原因は違法な「趣味」の結果であったことが判明した。

金曜日の早朝に爆発が起き、30代の男性が負傷したが、当局はこの原因を素早く掴むことが出来た。

「男性は火傷を負っており、ホークランド病院へ運ばれましたが、重傷ではないとのことです」とホルダランド警察署のSvein Bruarøyは語った。

金曜朝の6時30分頃、隣人達は大きな爆発音でたたき起こされた。爆発のあった時、5~11歳の3人の子供を含む5人が家の中にいた。

「全戸が揺れましたね。」と隣人のJonny RomsloはBergens Tidende紙のウェブサイトにて語った。

現場に到着した警察と消防士は、蒸留機の残骸を発見した。

「何が起きたかは極めて明白ですな」とフィリングスダーレン警察署長Per Helge Iversen は語った。

一言:やはり、地ビール作りセットを使っているくらいが安全かも。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-22 23:15 | ニュース
Top