仰天法律ア・ラ・カルト
なんでも評点:世界仰天法律アラカルト (第1弾)-「隣人の口に放尿するべからず」など

ブログ『なんでも評点』の記事から。紹介されているのは、"DUMB LAWS"(くそったれな法律)というサイトである。
英文の元ネタを読むと膨大なので、『なんでも評点』の記事を引用しよう。

・建物から飛び降りた人には、死のペナルティが待っています。(ニューヨーク)

・近所の人の口に放尿してはいけません。(イリノイ州シャンペーン)

・市内で核装置を爆発させたら、罰金500ドルです。(カリフォルニア州チコ)

・動いている飛行機から生きたヘラジカを押し出すのは違法行為とみなされます。(アラスカ州)

・ヤマアラシとの性行為は違法です。(フロリダ州)

・一家に常備してよいディルド(バイブ)は2つまで。(アリゾナ州)

・“ブサイク”と分類された人は、どのストリートも歩いてはなりません。 (カリフォルニア州サンフランシスコ)

・馬鹿者に投票権はありません。(ニューメキシコ州)

・2つの列車が同じ軌道上で出くわしたときは、どちらの列車も、もう一方の列車が通過するま・で進んではなりません。(カンザス州)

・保安官から特別に許可されていない限り、男性が女装してはなりません。(カリフォルニア州ウォールナット)

・蝶々に(性的な)イタズラをするのは違法です。(カリフォルニア州パシフィックグローブ)

・火事場での食事は、法により禁じられています。 (イリノイ州シカゴ)

それぞれ、事例(?)が紹介されているので、是非、元記事を読むことをお勧めしたい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-05 04:03 | 街角
<< 受刑者個人情報 外部へ流出 Top “係長こそセクハラ”新年会で市... >>