鉄人28号、35万円で発売
Sankei Web 経済 鉄の鎧に身を固め…ベンチャーが二足歩行型ロボット発売(03/03 18:31)
NHKニュース

c0026624_18484745.jpg横山光輝原作で戦後アニメとして人気を博した『鉄人28号』が50分の一スケールで登場した。
プラモデルではない。リモコンで操縦可能だ。コントローラーはさすがに原作ほど単純には行かず、2本のジョイスティックだけで操作する形にはならなかったが、より形状デザインが工夫されており、濃紺の色と合わせて重厚な雰囲気を醸し出している。
このロボット、二足歩行の技術を組み込まれており、単純なラジコン以上の性能である。

開発元のブイストンでは、ヒューマノイド・ロボットと呼んでいる。
「当時あこがれた40-50代に買ってもらいたい。最新技術を取り入れたことを考えれば破格の安さ」と言っているそうだ。予約も順調に入っているらしい。
参考:【鉄人28号 / 製品特徴
関連:【三菱重工が、機動戦士ガンダムを作ったら

【P.S.】期間限定だが、ここで動画が見られる。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-04 18:49 | ニュース
<< 折り込み広告にピンクチラシ Top 好きこそものの上手なれ >>