「ちびくろ・さんぼ」復刊へ
YOMIURI ON-LINE / 芸能・文化
Excite エキサイト : 社会ニュース

「黒人差別を助長する」といった批判から絶版となった『ちびくろサンボ』。子どもの頃に読んだ人は、いつの間にか絶版になっていることを知り、改めて差別表現があったかと思いを巡らしたのではないか。
c0026624_3351197.jpg「チビ」で「黒人」だから「ちびくろ」だったのだろうが、これらが差別表現とされたことの意味は、個人的には理解不十分なままだ。
未だに絶版には賛否両論ある作品だが、このたび、岩波書店版が瑞雲舎から出版されることになり、注文が相次いでいるそうだ。
トラがバターになる話は子供に夢を与えてくれたものだ。おっと、「子供」じゃなくて「子ども」と書かないと、これも差別表現だったか。(笑)
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-03 03:26 | ニュース
<< 蛇の尻尾 Top 桜前線、昨年より遅い予想 >>