偽造カード被害、金融機関が全額補償する法案
民主、偽造カード対策法案まとめる

民主党は、預貯金が不正に引き出された場合、金融機関が被害額を全額補償する義務を課す法案をまとめた。法案では、金融機関が預金者に責任を負わせるような不利な約款を結ぶことを無効としている。
民主党は与野党に呼びかけ共同提出を目指している。
 
この法案が通れば、偽造カード対策に金融機関が本腰を入れて取り組むことが期待される他、金融機関に対する利用者の安心感を後押しでき、顧客離れを食い止める効果があるかと思う。
金融機関側に不利とばかりは言えない法案だろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-03-02 00:36 | ニュース
<< ブッシュ年金改革、国民の56%が反対 Top 世界で最も美しい書籍は「日本の... >>