牛丼再編:「すき家」のゼンショー、「なか卯」株を買収
MSN-Mainichi INTERACTIVE 企業
牛丼のなか卯株、すき家が買収へ 牛丼大手が初の再編 - asahi.com

アメリカのBSE発生以来、禁輸措置により牛丼チェーン各店は苦しい経営を余儀なくされてきた。そんな中、業界再編第1号のニュースが入ってきた。
大手商社の双日は26日、傘下の牛丼チェーン「なか卯」株式(約51%保有)のうち33%超分を、「すき家」を展開するゼンショーに売却する方針を固めた。ゼンショーは「なか卯」の筆頭株主になり、経営権を握る。なか卯とすき家の店名は残す。両社の店舗数は800店を超え、松屋の約660店を上回って業界2位に浮上する。

牛丼業界の店舗数1位は、言わずと知れた吉野家ディー・アンド・シー。
2位が松屋だったらしいが、すき家となか卯の連合により、店舗数で逆転した。
吉野家は米国産牛肉の牛丼に拘っており、売り上げではゼンショーに既に首位の座を明け渡している。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-26 19:48 | ニュース
<< H2Aロケット7号機、衛星分離に成功 Top 貴重なPTA役員なのに。 >>