H2Aロケット7号機、本日打ち上げ
前回の打ち上げが失敗に終わったH2Aロケット6号機。期待を込めて、7号機が今夕、種子島から打ち上げられる。
c0026624_430815.jpg
ロケットが打ち上げようとしているのは、運輸多目的衛星「MTSAT―1R」だ。
日本は、気象衛星「ひまわり」が寿命を迎えてからというもの、自前の衛星で日本上空を観察できず、アメリカのゴーズ衛星に頼って気象観測を行ってきた。
そのせいか、日本列島に台風が次々と来襲した昨年は、台風の予想進路が外れることが多いという噂があった。

その真偽はともかく、今度の衛星が打ち上げに成功すれば、気象衛星ひまわりの後継として、正式に命名されることになろう。
MTSATが打ち上げに失敗した場合は、勿論、名無しで一生を終えることになる。
打ち上げに成功すれば、日本の気象観測は勿論、アメリカの衛星のバックアップの任務もこなすことになる。

尚、打ち上げのライブ放送がインターネット【MTSAT-1R / H-IIA F7 カウントダウン】でも放送される予定。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-26 04:31 | ニュース
<< 貴重なPTA役員なのに。 Top ロシアがチェチェンで人権侵害と... >>