(1)は微妙です。
間違いだらけの雷の常識 | Excite エキサイト

c0026624_2423029.jpgクイズ形式で雷に関する対処法を説明している記事だが、ちょっと気になる点がある。

以下の4つについて、それぞれ正誤を答えよ、という問題だ。

(1)急に雷が激しくなってきたので、広い野原、海岸を急いで走って帰ろうとした。
(2)急に夕立になり、木の下で雨宿りをした。
(3)雷は電気なので、ゴム靴やビニールのレインコート等の絶縁体なら落雷を受けない。
(4)落雷を受けないようにするため、身につけている金属製の品物をはずした。


回答はいずれも間違いということだ。
(2)は逆に雷の危険性が増すし、(3),(4)は電圧の高い雷には殆ど影響しない。
恐らく、小学生でも分かるのではないだろうか。
だが、(1)は読みようによっては誤解を招きそうだ。
わざわざ広い平地を選んで走るなという意味らしいが、私は急いで平地を離れなさいと読んだ。
前者なら確かに(1)は誤りだが、既に平地のど真ん中にいるなら、さっさと横切って安全な場所に移動した方がよいと思う。
雷の近くでのんびりしていたら、落雷に遭う確率だって時間と共に上がるのだから。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-25 01:34 | 街角
<< 朝日新聞、問題の記事をこっそり... Top 天気予報が外れたら罰金 >>