G.W.ブッシュの価値観
ブッシュ大統領はマリファナ愛好者? | Excite エキサイト

キリスト教右派の支持を受けて再選を果たしたブッシュ大統領。
1期目の就任演説の時から道徳的価値観に言及する彼は、実際に道徳的なのかというと、いささか疑問が残る。

いささか古い話だが、彼がかつてマリファナを吸っていたことがあるという話が暴露された。暴露されたテープの中で、州知事だった彼はマリファナについて話す気はないと述べているそうだ。
ブッシュ大統領は、大統領になる以前に秘密裏に録音されたインタビューで、マリファナを吸ったことがあるが子どもに悪い手本を示すことになるのでそのことを認めないだろうとほのめかしているそうだ。
一般人としては、確かに道徳的でないことをしていたと強調する必要などないし、積極的に吹聴されては開き直りと思われることだってあろう。
ただ、「言わなければいい」というのがブッシュ大統領の個人的な問題だけに留まって無さそうに見えるのが怖い。
どうも、イラク戦争前後からは、ことある毎に、何か隠された狙いがあるのではないかという目で彼の言動を見てしまう。
1期目のブッシュ大統領は(前任者に比べて)知性の低い人物と映っていたが、今ではこれも演技ではないかと疑ってしまう。

特に、メディアがあまり報じないグァンタナモ米軍基地での捕虜の人権問題など、黙っていれば問題は存在しないと言わんばかりの姿勢とも見える。
発覚したら後で謝罪すればよい、という姿勢も問題だ。
不祥事に対しては、現場の責任を問う他に、トップの意識の在り方をチェックすべきではないのだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-24 00:36 | ニュース
<< 国家公務員給与に地域間格差を導入 Top 女性の性格は胸で決まる? >>