個人の平均所有株式が増加傾向
個人保有株 平均で700万円 NHKニュース
去年11月に電通が株の取引を行っている首都圏の個人投資家、および個人700人を対象に調査したところによると、平均持ち株数、持ち株の時価総額共に増加傾向が見られたという。
ひとりの投資家が保有している銘柄の数は、平均で5.9銘柄と前の年よりも0.9銘柄、増えました。更に、保有している株式を調査の時点で売買されていた価格で計算したところ、ひとり当たりの総額は、平均で699万3000円と前の年よりも111万4000円増えました。
企業業績が回復傾向にあることに加え、個人投資家の間で株式売買が資産運用の方法として認知度が高まっているため、と電通では見ている。

昨今、TVを賑わせるライブドア社の堀江社長のおかげで、株に関する興味は世間一般にますます広がっているのではないだろうかと思う。私も日テレ株を持っていれば、今が売り時と思うかも知れないが、株は全く持っていないのが残念だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-21 11:26 | ニュース
<< トトロのぬいぐるみ盗み、43歳... Top FOMA専用ワン切りに注意 >>