I.Q.≠E.Q.
小学校殺傷少年、15歳で大検合格…平均上回るIQ
大阪府寝屋川市立中央小学校で教職員3人が殺傷された事件で、逮捕された卒業生の無職少年(17)が中学卒業後まもなく、大学入学資格検定(大検)に15歳の時点で合格していたことが17日までに、大阪府警などの調べで分かった。
少年は中学半ばから登校拒否で、家ではゲームに興じる生活をしていたらしい。文集などから判断するに、ゲームが生活の全てと言って良いのではなかったか。高校にも行かず社会との接点が減り、現実社会の持つ意味が少年の中では小さくなっていったのだろう。
この辺は田口ランディ氏のコメントが的を射ていると思う。
15歳で大検に受かるなど、少年には「頭がよい」と思われる要素が見られるが、頭の良さと現実社会との付き合いはあまり関係が無さそうだということを、今回の事件は示しているようだ。
社会に出ても、仕事の能力そのものより人付き合いで出世が決まったりするのも、同じ原理と言えるだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-18 12:33 | 街角
<< 幾何学に王道なし Top 抜き打ち訓練、参じた職員はたった3割 >>