理解していれば、脳も省エネ? 
英語力つけば「省エネ脳」に? 東大チームが実験 - asahi.com : サイエンス

英語は若い時に頑張って身につけるとお得!?英語学習における脳の活動を調査した結果、熟達すればあまり脳を使わなくても回答が出せるようになることが分かった。
英語が十分に身についた学生では、こめかみの奥にある脳の「文法中枢」が少ないエネルギーでも働く「省エネ型」になるらしい。酒井邦嘉・東京大助教授(言語脳科学)らが実験で確かめた。文法中枢は文字や言語の理解に関係があり、日本語を使う時にも働くと考えられている。
ただ、これは脳内血流量を調べたものであり、学習が進めばあまり脳を使わなくても答えが出せるようになるのは当たり前とも言える結果ではないかと思う。
何事も、新しく学習する時は頭を使い、血流量が増えるものだろう。時折、オーバーヒートしてしまう人がいるのもそのためだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-16 22:22 | 医療・健康
<< 生体認証より暗号強化? 銀行ATM Top ニフティー、パソコン通信サービ... >>