パトカーで受験生を送る
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件
先日、新幹線をストップさせた受験生がいたが、似たような話があった。
8日午前、広島県東広島市の高速道路でバス事故が発生、広島市内の会場で受験予定の男子高校生(18)が乗っていた。県警高速隊長の判断で、隊員が赤色灯をつけたパトカーで会場まで送り、試験開始10分前に到着し間に合った。
こうした話を聞くだに、日本の大学は「入るは難く、出るは易し」だと思う。
1年に1度の受験で将来が大きく影響される大学受験制度、このままで良いのだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-08 14:17 | ニュース
<< ペットの整形手術禁止法 Top 虐待になる動物、ならぬ動物? >>