ハローワーク、法律違反企業も募集掲載
ハローワーク:保険料逃れ”黙認” 無年金者増加の恐れMSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題
以前から明らかではあったが、公共職業安定所(ハローワーク)の掲載企業には、法で定められた条件を満たさない企業も応募できる。
そうした企業の求人に応募した場合、入社してから「おかしいのでは?」と思う人も後を絶たない。インターネットでの相談もしばしば目にする。
だが、ハローワークが企業に確認するのは、掲載した内容が事実かどうかだけというのが実態だ。
正社員募集なのに「厚生年金には未加入」等、明らかな違反でも、求人がないよりはマシなので掲載していたのだろう。
「職業安定法上では、違法な求人は受理しないことができるが、厚生年金未加入については、改善指導したうえで、受理している」そうだ。
厚生労働省は4月から加入義務のある企業については強制加入させる予定で、現在は実態把握の調査中。グレーゾーンがあることは、労働者にとっても無年金という不幸を招きかねない。年金が高齢者のセイフティーネットであるなら、しっかり機能させるためにもせめて掲示基準を明示すべきだろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-08 03:25 | 街角
<< 歯磨きでダイエット Top ボーダフォン不振、社長交代へ >>