大阪市パソコン、庁内LANすら利用せず
配備パソコン1万5千台の半数「ネット不可」…大阪市 -YOMIURI ON-LINE / 社会
職員への不正な残業代支給など、お手盛り体質が次々に明らかになる大阪市。
今度は、仕事に必要な経費は使っていなかったことが報じられている。

電子自治体」を目指して大阪市が2001年から18億円をかけた庁内IT(情報技術)化で、配備したパソコン約1万5000台の約半分が庁内ネットワークに接続できない設定になっていることが5日、わかった。

 他の自治体や企業からは「電子メールがほとんど使えず、仕事のペースが合わない」と、同市の「原始自治体」ぶりにあきれる声も漏れている。
これならパソコンでなくワープロでも良さそうだ。もっとも、ワープロはワープロでしかないが故に廃れてしまったが。
更に、IT担当課長のコメントが笑える。
「庁内ネット接続が全員に必要かは疑問。職場や職員からも要望はほとんどない」と話している。
当然だ。業務効率を上げれば、仕事が忙しくなるのだから。そんなに熱心に仕事したい職員はほとんどいない、と言っているに等しいのだ。恥ずかしいとは思わないのだろうか。

尚、読売の後日報『電子自治体ほんまかいな?大阪市に“飛脚員”77人』では、更なる無駄を生み出していることが書かれている。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-06 12:17 | ニュース
<< 「おしん」、アフガニスタンで放映へ Top 公明党、「国を愛する心」に反対 >>