これでこそ、警察は信頼を得られる
同僚パトカーに駐車違反チケットを発行 | Excite エキサイト
CNN.co.jp - こぼれ話

ドイツ東部の町イェッセンで、スピード違反を取り締まる検知器を設置していた警察官が、パトカーを対向車線に駐車していたとして、同僚の警察官から駐車違反の切符を切られた。

ミッテルドイチェ新聞が報じた。地元署のハンス・ヨハキム・シュナイダー署長は、「交通規制は誰にでも適用される」と述べている。
当たり前といえば当たり前のことだが、それが当たり前でないところもあるので要注意だ。
愛媛県警のように、組織的に臭い物に蓋をしようとする組織がある中、極めて公正な仕事を進める警察は身近でなくなってしまったのだろうか。
翻ってみると、日本人には悲しいニュースなのかも知れない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-04 22:40 | ニュース
<< 男女分業スタイルにも世代の差 Top 立ち小便で書類送検 >>