膵臓のP27を抑えればインシュリン増加→糖尿病改善に期待
神戸新聞ニュース:総合/2005.01.31/糖尿病でインスリン分泌量 タンパクたまり減少 神大教授ら確認
日本人に多い糖尿病Ⅱ型の原因タンパク質が確認された。
糖尿病はそれ自体知らずに進行しやすい病気であるが、最近では妊婦や胎児に致命的な影響を与えることも分かり、有効な治療法確立が待ち望まれる。
食生活などがかかわる2型糖尿病では、膵臓(すいぞう)のベータ細胞に特定のタンパク質がたまりインスリンの分泌量が減っていることを、春日雅人神戸大教授(糖尿病代謝学)らがマウス実験で確かめ、米医学誌ネイチャーメディシン(電子版)に三十一日、発表した。

 このタンパク質の働きを止めるとインスリン量が増え、血糖値が正常に戻ったとしており、治療への応用が期待される。

 2型糖尿病は国内でも患者が増えており、ベータ細胞数が減るなどして、インスリン分泌量が少なくなる。

 春日教授らは細胞増殖過程に原因があるとみて、人工的に糖尿病にしたマウスを調べると、増殖にブレーキをかける役目の「P27」というタンパク質がベータ細胞の核で増えていた。

 このマウスでP27を働かなくすると、ベータ細胞の数が増えてインスリン量が増加、血糖値が下がった。

 春日教授は「膵臓だけでP27を抑える薬ができれば、糖尿病治療に使える」と話している。

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-03 02:27 | 医療・健康
<< 合併が進む裏社会 Top 相対性理論の最も簡単な説明コンテスト >>