何かと話題な中部国際空港
@nifty:NEWS@nifty:飛行機眺め、ひと風呂いかが=旅人向けに「銭湯」-中部国際空港(時事通信)
Excite エキサイト : 社会ニュース

列車の駅に付属する温泉などが時折TV番組で紹介されるが、遂に空港にも温泉が登場した。c0026624_22584837.jpg
17日開港する中部国際空港(愛称セントレア)で2日、旅客ターミナルビルの目玉施設となる展望風呂が関係者に公開された。国内に類例の設備はなく、「おそらく世界でただ一つ空港に設けられた銭湯だろう」(同空港広報室)という。
愛称を聞いて思い出される人もいるだろうが、ここは知多半島にある「南セントレア市(予定?)」の名前の元となっているセントレアである。この合併話程ではないが、中部国際空港の知名度アップに役立つ話題だろう。

展望風呂の窓と天井は、外から中が見えない特殊ガラス張りで、内側から空港や伊勢湾、鈴鹿山脈に沈む夕日などを見ることができるという。値段は大人900円と高めだが、開放感にあふれ、疲れを癒してくれそうな眺めだ。
この特殊ガラス、各地の温泉に採用してくれないだろうか。

【P.S】
c0026624_2002947.jpg順調に開港したセントレア、銭湯も好評で、ピーク時にはなんと1時間待ちという長い行列ができたそうです。(2005/02/19)

また、セントレアは温泉ばかりでなく、結婚式場も完備。ワールドワイドに客を招待できそうです。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-02 22:20 | ニュース
<< 財布の紐は妻が握るべき。 Top 「ひまわり」後継機を24日に打... >>