「ひまわり」後継機を24日に打ち上げ決定
@nifty:NEWS@nifty:H2Aロケット打ち上げ決定(共同通信)c0026624_0395978.jpg
宇宙航空研究開発機構は、気象衛星ひまわりの後継機ともなる運輸多目的衛星(MTSAT)を載せたH2Aロケット7号機を24日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げることを正式に決め、2日、立川敬二理事長が宇宙開発委員会に報告した。記者会見した立川理事長は「連続失敗は許されず、十分な点検をすべて完了した」と語った。
前回打ち上げ失敗した6号機からは1年3ヶ月ぶりの打ち上げになります。
これで、今年は台風の進路の予測がはずれたと気象庁が文句を受けることは少なくなるでしょうか。
打ち上げ費用も約120億円かかっているので、是非とも成功させて欲しいもの。
尚、この後継機には「ひまわり」のような愛称は未だありません。打ち上げ成功しないうちに愛称を付けてもしょうがないからです。どういう愛称になるのか、早く決まって欲しいもの。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-02 22:03 | ニュース
<< 何かと話題な中部国際空港 Top たまに積もる雪だから良いが。 >>