沖ノ鳥島を守る活動、都知事が要望
NHKニュース
「ただの岩礁に過ぎない」と中国に言われた沖ノ鳥島。日本国内では論外でしょうが、国際的には同様の見方も有るようです。
ですが、経済水域の重要性を考えれば、看過はできません。(下図は国土交通省作成)
そこで東京都の石原慎太郎知事が首相に掛け合ったようです。
中身を見ると、チャーター船での漁業活動発電施設の設置など、特に難しい活動では無さそうです。

石原氏はアイデアがあるので、現場の仕事が向いていると思っていましたが、この活動も功を奏してくれることを期待しましょう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-02-01 00:20 | ニュース
<< 悪質ゴルファー Top 新市の名称「太平洋市」に…千葉... >>