スーダンで空爆、100人死傷か
ロイター
c0026624_443834.jpg政府軍と反政府軍が争うスーダン西部で、休戦協定が結ばれてホッとしたのも束の間、スーダン空軍が協定を破ったらしい。
スーダン当局はアフリカ連合監視部隊による死傷者や被害状況の調査も拒んでいる。
監視の目が入らなければ、休戦協定が守られている保証はなくなり、再び状況を悪化させてしまう。
先ずは監視部隊の常駐をスーダン政府が認めるべきだ。
間接的に影響力を持つ中国などにも働きかけるよう、国際社会が動くべきではないか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-30 02:06 | ニュース
<< buy三洋 Top 社会保険庁改革案 5月とりまとめへ >>