社会保険庁改革案 5月とりまとめへ
社会保険庁改革骨格づくりへ -NHKニュース
社会保険庁の在り方に関して、細田官房長官の諮問機関が答申した内容に基づき、社保庁改革が動き出したようだ。まだ具体化したものではないが、現状の組織での不具合を洗い出し、目指すべき方向を幾つか指し示している。
今後も注目していきたいと思う。

国民が重要と考える最優先事項への取り組みが動き出したことで、小泉内閣の内政は郵政民営化問題だけに取り組んでるというイメージは弱まるだろう。
郵政民営化にこだわる内閣にとっては、これからが正念場か。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-30 01:40 | ニュース
<< スーダンで空爆、100人死傷か Top 郵政民営化の優先度、世論の関心... >>