社会保険事務局長の半数、年金保険料から家賃支出
YOMIURI ON-LINE / 社会
家賃補助があるのは分かるが、補助額には上限があるのが常識だろう。
社保庁の内規では補助額に上限があるどころか、自己負担額に上限が設けられているのではないかと疑いたくなるようなニュースだ。
また、単身赴任の場合は出張扱いだろうから、家賃補助額が高くなるのは理解できる。ウィークリーマンションを借りた場合でも、家賃月額は高くなるだろうから。
しかし、そもそも、社会保険庁は年金を十分に支払う余力がない。つまり、赤字経営している訳だ。赤字でなくても経費を削減するのが常識だ。安い部屋を借りて無駄な経費を抑えるのは当然だと思うが。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-23 19:34 | ニュース
<< すぐに役に立つものは・・・ Top 宗教と"負け犬&qu... >>