ICカード公衆電話、2006年3月で廃止
ICカード公衆電話を廃止 NTT東西、06年3月末で - asahi.com : 経済
Excite エキサイト : 経済ニュース
NTT東西は20日、ICカード公衆電話を06年3月31日で廃止する、と発表した。テレホンカードの変造対策の一環として99年3月に導入、従来の磁気カード公衆電話からの置き換えをめざしたが、携帯電話の普及で公衆電話の利用自体が減少し、ICカードの普及が進まなかった。現在出回っているICカードは同額の磁気カードと交換する。
いずれICカードに移行するものと思い、手元のテレホンカードを処分してきましたが・・・こちらはもう少し延命しそうです。
急速な携帯電話の普及のためですが、今に、公衆電話は(携帯電話を使えない)お年寄りや(携帯の通話方式が異なる)外国人向けになってしまうのではないでしょうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-20 21:42 | ニュース
<< 国民負担率56%の未来図 Top 日本、240億円「即払い」の約... >>