救う会が北朝鮮産アサリの不買運動
救う会が北朝鮮産アサリの不買運動
c0026624_18264639.jpg
拉致被害者の「救う会」が、「拉致被害者救出のため、民間でできる北朝鮮への経済制裁を実施しよう」と呼びかけている。既に19日から始めているそうだ。
北朝鮮のアサリは、子供たちの強制労働で収穫されている物がある上、「アサリは本来、食料難の北朝鮮で消費されるべき貴重な動物性たんぱく源で、金があるからといって日本が買うのはよくない」というのが理由だ。
経済制裁で、北朝鮮の一般国民が苦しむのは本意でないという人にも、これなら納得できる理由となるかも知れない。

ただ、難点なのはアサリに産地表示が付いているかどうか、保証の限りでない点だ。
もう一点、我が地元のように、地元産アサリしか出回らない場所では何もできない点だろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-20 18:23 | ニュース
<< ゆとり教育反対の署名7600人... Top 暗証番号頼みは限界だ >>