東証、ライブドアの上場廃止を決定
NIKKEI NET:東証、ライブドアなど上場廃止を決定・4月14日付で

東京証券取引所は13日、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者らと法人としてのライブドアが証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で証券取引等監視委員会に告発されたことを受け、同社株を上場廃止にすると発表した。関連会社のライブドアマーケティング(旧バリュークリックジャパン)株についても上場廃止を決定。両銘柄は14日から投資家に周知するための整理ポストに移し、1カ月後の4月14日に上場を廃止する。


告発された時点でライブドアの上場を廃止するとの方針をかねてから発表していた東証。
その時から上場廃止は時間の問題で、最近のライブドア株価は十分の一にまで値下がりしていたが、今日の告発を受けて正式にライブドアの上場が廃止されることに決定した。

これまで、ライブドアの株に踊らされた人も世間には大勢いるようで、中にはライブドアを訴える構えの株主もいるようだ。業績に関する虚偽の発表を株取得の根拠にしていた人たちの一部のようだ。
株取引は基本的に自己責任とはいえ、このような場合は株主側が詐欺にあったと考えられるし、ライブドア株に老後資金を注ぎ込んでしまったようなケースでは特に、諦めきれないというのも分かる。

しかし、ライブドア株が東証を降り去っても、日本経済復活の潮流は他の銘柄も担っている。ライブドア役員逮捕直後から下がったTOPICSも、3日過ぎたら反発が起きたのは良い兆候であった。ホリエモンの伝記が書かれたら、これも是非書き加えたいエピソードだと思った。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-03-13 21:56 | ニュース
<< 体臭バンク」設立 中国 Top ミロシェビッチ元大統領死去 >>