「一点集中」ダイエット
CNN.co.jp : 「一点集中」の食生活で減量 米研究者が提唱

エール大のデービッド・カッツ博士(42)が、新たなダイエット法を提唱した。日替わりでテーマとなる食材を決め、その食品を集中的に食べるというもの。同じ味覚刺激を繰り返すことで、自然に食欲が抑えられるという。


日替わりで「りんごの日」や「ごまの日」、時には「チョコレートの日」などを設定し、食事やおやつに必ず取り入れることがポイント。例えば「トマトの日」の朝食は、トマトと卵、チーズのサンドイッチ。昼食はトマトと豆のサラダ、おやつにコーンチップのトマトソース添え、夕食の主菜はトマトとオリーブをのせた魚のソテー――といった具合だ。

これまで登場した「アイスクリーム・ダイエット」などに比べて栄養バランスが良い他、毎日の運動にも重点が置かれているのが特徴だとのことで、減量効果があるのは当然との意見もある。
が、食事に関しては一つのアイデアになるかも知れない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-29 21:34 | 医療・健康
<< 吸入式インスリンが登場 Top 議員年金問題、骨抜きに >>