ハマスが圧勝 パレスチナ議会選挙
Palestinian Leader to Ask Hamas to Form a New Government - New York Times

パレスチナの議会に当たるパレスチナ評議会議員選挙が数年振りに行われ、主流派ファタハの腐敗等への反発から、イスラエルとの武装闘争を掲げているハマスが大幅に得票した。これを受けて、パレスチナ自治政府のアッバース議長はハマスに組閣を呼びかけた。

ハマスは住民への医療・福祉などに注力して支持を集めているが、党綱領の中ではイスラエルとの武装闘争を謳っている。このため、イスラエル政府やアメリカ政府はハマスが自治政府入りした場合には交渉を拒絶すると声明を発表している。また、シャロン首相が欠けたイスラエル政府のリーダーシップにも陰りが見えており、中東和平のプロセスには暗雲が漂い始めたと言える。

希望的な要素としては、イスラエル国民の48%がハマスとの交渉を希望していることと、ハマス自身も今回の選挙戦中に武装闘争を前面には押し出してこなかった点だろう。
わずかな希望ではあるが、ここから始めるしかない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-28 01:19 | ニュース
<< 有効求人倍率が1倍台に回復、1... Top 身を以て雪崩の危険性を示したイ... >>