身を以て雪崩の危険性を示したインストラクター オーストリア
Ananova - Ski instructor's warning backfires

オーストリアでコースの外を滑ることの危険性を教えようとしていたスキー・インストラクターが雪崩に巻き込まれた。

雪崩の危険性雪崩の予兆があり視界も悪かったので、フォラルルベルク州のグエンタール・ミューレンバッハ(28)は彼のスキー・グループをスロープの端へと連れて行き、ゲレンデの域外を横切ることの危険性を説明しようとした。

スキー訓練生のアルフォンス・コフラッヒ(16)はこう言った:「グエンタール先生は丁度ゲレンデの域外になっているその場所に立ち、我々に対して、決して管理区域(ゲレンデ)を出てはいけない、雪崩の危険があるから、とおっしゃっていました。」

「その時突然、空気が震え、先生は雪煙の中に姿を消してしまいました。」

ミューレンバッハはj雪崩にさらわれ、200フィートの峡谷に落ち、60フィートの雪に埋もれてしまった。

彼の生徒達は山岳救助隊を呼び、救助隊がスキーの教師を手遅れになる前に掘り出した。

ミューレンバッハは今、ショックと低体温に対する治療を受けている。

一言:体を張った授業は、忘れ得ぬ教訓を与えたでしょう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-25 22:34 | 街角
<< ハマスが圧勝 パレスチナ議会選挙 Top 危険な密造酒造り ノルウェー >>