NHK幹部、多くの自民党議員へ事前説明
NHK特番問題:幹部、多くの自民議員に事前説明 -MSN-Mainichi INTERACTIVE 政党

どうやら、当初報じられた中川・安倍の両議員だけでなく、多くの自民党議員がNHKの特定の番組内容に関して、放送前にNHK幹部に説明を聞いていたらしい。
しかも、NHK幹部の方から説明の機会を求めてきたということだ。

歴史教科書問題に取り組む自民党の議員連盟「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の古屋圭司会長は17日、党本部で記者団に、従軍慰安婦問題を扱ったNHKの番組改変問題に関して「放送前に議連幹部の多くがNHK幹部に面会を求められ、番組について説明を受けた」と述べた。古屋氏は「圧力は一切かけていない」と強調した。

 当時、同議連会長だった中川昭一経済産業相、元事務局長だった安倍晋三幹事長代理以外の多くの自民党議員にNHK幹部が説明していたことになる。

自民党内では、かねてから、この番組が問題視されていたらしい。
その情報提供者についての詮索は、取り敢えずしないことにする。
しかし、NHK幹部が自らのこのこ自民党に出向くというのには、動機が必要だ
すなわち、自民党内で取りざたされていることをNHKサイドに伝えた人物が居るはずである。
ここで、告発者の弁を思い出せば、NHK会長や会長に近い筋の人間が政治的対応を指示したのかと邪推したくなる。

森喜朗前首相は17日、東京都内のホテルで講演し、この問題について「問題はNGOがやった模擬裁判。天皇を被告にし、弁護人もいない、そんな模擬裁判をどうしてNHKが放送しなきゃいけなかったのか」と内容に疑問を呈した。

まぁ、森前首相はあの性格だから、あまり喋らせない方が自民党のためだと思うが・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-17 23:36 | ニュース
<< 警視庁が「振り込め詐欺」台本押収 Top 自衛隊のイラク派遣と民間ボランティア >>