無人島で2ヶ月、無事帰還 トンガ
msn毎日新聞 トンガ:漁民2人が無人島で2カ月生存 ヤシの実食べ…

南太平洋の島国、トンガ王国の漁民二人が2ヶ月前に行方不明になった。絶望視されていた二人だが、無人島で生き永らえていたことが分かった
2人は無人島でヤシの実や、キャッサバ(サツマイモに似た植物)を食べ生き延びていた。近くを漁船が通ったため、火をおこして助けを求めたという。昨年12月30日に自宅のある島に戻り、健康診断を受けた後、今月1日に帰宅した。


トンガ王国の位置

二人は首都トンガタプ島の北東約150kmにあるハアパイ諸島の住人だが、二ヶ月前に行方不明となった。一人は既に葬儀が行われたが、もう一人の妻は夫の生存を信じていたそうである。トンガは熱帯性気候で、命を繋げる島がこの辺にはあったようだ。

参考:Wikipedia:トンガ
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2006-01-05 01:25 | ニュース
<< ウォッカは冬の必需品 ロシア Top 「臍帯血ギフト券」が登場 イギリス >>