15年後の世界情勢予測
中国・インドが台頭 2020年の世界情勢測 - asahi.com : 国際
CIA傘下の国家情報会議(NIC)によると、2020年にはインド、中国が台頭すると予想されるそうだ。
以前からの予想通りだが、世界の軍事バランスはエネルギー問題を軸にして新たな局面を迎える。
詳しくは元記事を読んでみてもらいたい。

日本関連の予想だけ抜き出してみよう。
・少子高齢化が進む。
・日本、韓国の市場は、巨大化する中国市場との一体化が進む。
・朝鮮半島情勢、中台情勢、アメリカと中国の関係などから、日本が中国に対峙するか中国の勢いに乗るかの選択を迫られる可能性がある。

現在の日本は政治・経済ともにほぼアメリカ一辺倒だが、中国との絆が太くなれば、中国とアメリカの狭間で揺れ動く可能性がある。
アメリカと中国の対立があれば日本は困るだろうが、かつての「ジャパン・パッシング」のようにアメリカと中国の仲が良すぎても困る。
日本の立場はますます難しいものになりそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-16 15:51 | ニュース
<< ガダルカナル島の生命判断 Top NHK問題の争点がぼやけてきた >>