アウシュビッツ「知らぬ」、5割近くに 英国
アウシュビッツ「知らぬ」、5割近くに 英国 - asahi.com : 国際

戦争の悲劇を若者が知らないのは何処の国でも同じようなものらしい。
今回のニュースは、イギリスのハリー王子がパーティーでナチスの腕章を着用したことが非難され、父のチャールズ皇太子に「アウシュヴィッツを見て勉強せよ」と叱られたことの関連記事である。
このような結果が出たとなると、ハリー王子だけを責められないのかも知れない。
歴史家のアンソニー・ビーバー氏が語るように、「(王子の行為は)ばかげていて、謝罪すべきなのは確かだ。ただ、アウシュビッツを知らない人が5割という方が衝撃的だ」と私も思わざるを得ない。

戦争は国際社会の枠組みを変える大きな力であり、きっかけだ。
その意味で、過去の出来事を知ることは、現在のイスラエルとアラブ諸国の対立を理解したり、現在のテロとアメリカの関係を考えたりする上でも欠かせない。
温故知新の知恵を活かすためにも、現在の世界を作った物事を教えることは重要だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 18:52 | ニュース
<< 武装組織が被災者少女連行 スリランカ Top 海外派兵の実績作りは慎重に進められる >>