三高ならぬ三低の時代
資源ゴミ

高収入、高学歴、高身長を意味する「三高」の時代が過ぎ去ったことは分かっていたが、今や三低の時代だという。
知らなかった・・・。
三低の意味は「低リスク」、「低依存」、「低姿勢」だそうだ。

結婚相手として人気がある公務員を例に取れば、リストラされるリスクは民間よりずっと少なく(低リスク)、また、最近の公務員は営業スマイルが身についている人も多い。(低姿勢)
ただ、低依存というのは、なんだろう?「亭主元気で留守がよい」の新たな表現だろうか。であれば、これは個人の資質だな・・・。

尚、このリンク元に寄せられるコメントも面白いが、若干、意味不明である。
時代に対する、私の理解も限界が近づいているのかも知れない。困ったものだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-15 15:27 | ニュース
<< 海外派兵の実績作りは慎重に進められる Top 大阪府の裏切りは終わったか >>