100ドルパソコンが登場 アメリカ
NHKニュース: 手動発電で動く格安パソコン
100ドルパソコン、世界の子供に1人1台めざすPC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS

100ドル(約1万2000円)という、破格のパソコンが遂にお目見えした。
c0026624_1425135.jpg
このパソコンはアメリカの大学で開発されたもので、部品の厳選から無料OSの採用まで、徹底してコストダウンに拘っているのが特徴だ。
だが、このパソコンは安いだけでは終わらない。世界中、特に発展途上国・地域への普及を目指しており、次のような工夫がされている。
このパソコンは、レバーを手で回して発電する仕組みで、発展途上国で電気が通じていない地域でも使えることを目指しています。また、無線LANの機能も備わっており、サーバーが近くになくても、このパソコンどうしがデータを中継する役割を果たし、インターネットにも接続できるようになっています。

高度なインフラが無くても使えるという意味では、災害時に強いパソコンと言えそうだ。日本を含めた先進国での普及も見込めるだろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-11-17 22:34 | ニュース
<< 「なぜあなたは不幸なのか」 Top 公立の塾が登場 青森 >>