インターネット時代の不適合者
人間失格と烙印を押されてもいい。気持ちが痛いほど解る。

この際、医者個人の気持ちは、どうでも良い。
この医師が誤りを犯したのは1点だけ、公開の場であるインターネット上に書き込んでいたことである。
誰もが知っていることと思うが、医師には患者の秘密を守るべき守秘義務がある。
患者が特定されれば、即、守秘義務違反が問われるケースだ。
似たような事件が、昨年だったか、教師にもあったと記憶している。
個人情報の漏洩が問題になりがちな時代だが、人間と直に接する職業、特に「○○師」と呼ばれるような職業の人々には、特に気を付けてもらいたい。

ニュース・ソースはこちら。↓
医師がHPで患者中傷 「頭悪い、二度と来るな」-Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 17:49 | ニュース
<< 日本にも余地がありそうな「口説... Top 政治生命と新しい生命をはかりに... >>