政治生命と新しい生命をはかりに掛けると?
議員のみなさん、精子の提供をお願いいたします! | Excite エキサイト

1998年に「精子提供は身元を明らかされてもかまわない男性に限る」とする法律が施行されてから、同クリニックの精子ストックは減る一方

オーストラリア・ビクトリア州の話題だ。(幸か不幸か、日本ではない)
不妊治療だという趣旨は理解できるが、では提供者は誰でもいいのかというのも困るだろう。
そこで同法が施行されたようだが、提供者は選ばれるだけ(しかも将来の不安というオマケ付き?)では、提供を求める方に無理がないだろうか。
ましてや議員に無差別勧誘するこのクリニックは、本気で「世の男性に規範を示すため」と言っているのか、疑問を感じざるを得ない。
それとも、この手紙はマスコミによる宣伝効果を考えてのことだろうか。だったら、議員をも手玉に取った作戦に脱帽だが。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-14 10:40 | ニュース
<< インターネット時代の不適合者 Top NHK「政治介入」で変更指示…... >>