犬の糞からセメントを作る特許 ドイツ
Ananova - Patent filed for dog poo cement


ドイツの建築家が、犬の糞からセメントを作る新たな特許を申請した。
ベルリン出身のフリードリヒ・レンツ(57)は、首都の道路から毎日掃除で取り除かれる犬の糞からなる「無臭の加熱建築材」の特許を申し込んだ。

彼はこう語った:「皆さん、最初は私が冗談を言っていると思ったようですね。しかし、いずれ職員が糞を集めなければならないのですから、経済的には意味が有るわけで、何か役立つことに使わない手はありません。」

「毎日集められる犬の糞の集積は、実に素晴らしい絶縁特性を持ったモルタルになるのです。」

糞は建築材として何世紀にも渡って使われてきており、彼は糞と現代的な物質とを混ぜて新しいタイプの絶縁セメントを思いついたのだ、と付け加えた。

ドイツ特許庁は申請を受理したことを確認したが、これが承認されたかどうかについては言及を避けた。

一言:家畜の糞を建築材料にするのは、マサイ族だけではなかったようです。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-11 23:51 | 街角
<< ビンラディン、パキスタン地震で死亡か Top 植物状態から男性が生還 イタリア >>