「郵政よりも年金」 大分県由布市で絶叫大会
高知新聞:FLASH24:暮らし・話題

牛喰い絶叫大会(湯布院町)国会周辺では郵政問題だけを争点にした自民党が大勝し、首相周辺が気をよくしているようだが、そんなことで喜んでばかりは居られない。
郵政以上の国民の関心事、とりわけ年金問題についての不安・不満に対する取り組みも着実に進める必要がある。

そうしたことを訴えたかったのかどうか、10日、大分県由布市湯布院町で開かれた牛食い絶叫大会では「小泉さん郵政よりも年金どうにかして」や、少子化問題とも繋がりかねない「残業減らしてくれー。彼氏できません」などの心の叫び(?)が聞かれたそうだ。

どちらも共感できる叫びだが、残業が減れば生活が苦しい我が家では、残業を取るか、彼女を取るか、難しいところだ。給与が減れば年金も減るので、我が家の少子化はやむを得ぬところか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-10-10 21:36 | 街角
<< 植物状態から男性が生還 イタリア Top 体操の「10点満点」式採点、新方式に >>