空気要らずのタイヤ、ミシュランも着手
空気なしタイヤ、その名はTWEEL!

大手タイヤメーカー、ミシュランが新しい形状のタイヤを実用化に向けて開発中らしい。
写真で見ると、かなり違和感があるが、見慣れないだけだろう。従来のタイヤより軽そうにも見える。車種によっては軽快なイメージが引き立つかも知れない。

セグウェイの四輪モデル「ケンタウルス」もお目見えしたらしいが、こちらはどう使うのだろうか。
2輪の公道走行が認められなかった日本で、ケンタウルスは売れるのかどうかも気になる。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-12 14:27 | ニュース
<< 国の目標は自治体数を3分の1に... Top 「黒いナイチンゲール」っていう... >>